朱鷺乃暦  - 四柱推命 手相 タロット
日めくり暦 ~ こよみをめくるとき ~

お稲荷様

通勤途上のお稲荷さん

tokinokoyomi 鵠沼伏見稲荷 朱鷺乃暦 鵠沼 伏見稲荷神社


いつも、車で 鳥居の前 を通過してしまう、伏見稲荷神社です。

鮮やかな朱の鳥居は、とても美しく、遠めにも目を引きます。

駐車場も完備されているし、行ってみたいなぁ~と、ず~っと 思っていました。

今日は、初めて参拝致しました。


tokinokoyomi 鵠沼伏見稲荷 朱鷺乃暦だいぶ前に、「北野印度会社」 という カレー屋さんが ありましたが、今となっては、それが どこだったのか? 全く思い出せません。

佐野実氏の 「支那そばや」も、この近くにありました。

そして、このあたりは、江ノ島も近く、リッチな人たちがこっそりと住んでいる地域でもあります。

そして、ガーデニングや家具などにもキラリとした感性があり、ステキなライフスタイルを楽しんでいらっしゃる地域です。


tokinokoyomi 鵠沼伏見稲荷 朱鷺乃暦

tokinokoyomi 鵠沼伏見稲荷 朱鷺乃暦
日が長くなり、時間の割には明るいのですが、社務所はお片づけタイムとなってしまいました。

自転車で、御神水を汲みに来た青年がいました。
慣れた感じで 「鵠沼和貴水」 と書かれた 鳥居の中へ。

ミネラル豊富な天然水のようです。

もう一度、ゆっくり参拝してみたいです。

いくつかの社がありますので、小銭のご用意を。おつりは出ませんからね~。


こよみ

割狐塚稲荷神社





割狐塚(わりこづか)稲荷神社

静岡県駿東郡長泉町下土狩

J R東海 下土狩駅


長泉町役場から徒歩10分、閑静な住宅地の中にある、お稲荷様です。

千本鳥居を抜けていきますと、御神域には「割狐岩」 があり、その奥に御本殿が鎮まっています。

この割狐岩には、むかし老狐が住みついていたとかの伝説もあるようです。

一万年前の富士山噴火による、溶岩流の割れ目参道に、朱塗りの鳥居が、80 基以上も並び、お参りする私たちの心を掻き立てていきます。

すぐそこに、いつもの生活の町並みがあることを、すっかり忘れてしまうひとときです。



今日は、子供たちが遊んでいました。
「お前は〇年生だから~~。」
上級生が、学年順に、指示を出せ と、縦社会のルールみたいなことを教えていました。

新しい学年になった子供も、成長するぞ!と 言ってるかのようでした。


この御神殿、ビックリしました!

なんと、お賽銭を入れようとしたら扉が開きました。
一礼するうちに、その扉は閉じてしまいます。

一歩下がって、鈴を鳴らそうとしましたら、また、扉が開きました。

「ありがとう!」 とおっしゃっているかのようでした。そして、お礼に、一瞬だけ 中を拝見させてくださるのだと。


近くにお住まいの方にお聞きしましたら、桜の時はさらにきれいで、散ったあとの桜色の絨毯もまた美しいのだそうです。

他にも、子供たちの 「割狐塚稲荷」 と書いた 五色旗のぼり が、いくつも  いくつも鳥居の横に並ぶなど、この町で愛されている証の行事がたくさんあるようです。

見守りつつ、見守られている。そんな関係がいいですね。
こよみ

お礼参り

tokinokoyomi 豊川稲荷東京別院 朱鷺の暦
先日、赤坂のご縁で詣でた、豊川稲荷東京別院に、さっそくですが、目標達成に到りましたので、お約束のお礼参りに訪ねました。

次の目標はなかなか難しい気もしますが、達成しましたら必ずお伺いします。


tokinokoyomi 豊川稲荷七福神 恵比須天 朱鷺の暦前回に学び、まずは100円玉を両替機に。お賽銭用です。スタッフさんも呼んで、

 「ここに100円入れると、お金が増えて出てくるよ。」

tokinokoyomi 豊川稲荷七福神 大黒天 朱鷺の暦 ジャラ ジャラ ~ ン!

 「ホントだ~! でも、あんまり うれしくな~い。」

と言いつつも、七福神巡りをしているだけでも、
tokinokoyomi 豊川稲荷七福神 弁財天 朱鷺の暦
あれ~? もうなくなるよ~。


七福神摩利支天さま。

tokinokoyomi 豊川稲荷七福神 毘沙門天 朱鷺の暦日本の神様は恵比須天さまだけ だそうです。

大黒天さま、弁財天さま、毘沙門天さまはインドの神様。
布袋尊さま、福禄寿尊さま、壽老尊さまは中国の神様。

tokinokoyomi 豊川稲荷七福神 布袋尊 朱鷺の暦この方式で行くと、摩利支天さまはインドでしょう。

インドの神様は、音楽や武道など、技術を磨く系、
中国の神様は、良縁、子孫繁栄、長寿と、見守る系。

tokinokoyomi 豊川稲荷七福神 福禄寿尊 朱鷺の暦むかし恵比寿に住んでいたので、個人的には恵比須天さまが好きです。
神話時代の、つりバカ日誌のハマちゃんですね。
左手に抱えた 鯛のお造りで、ビールを ぐいぃ~~~っ!といきたいです。
tokinokoyomi 豊川稲荷七福神 壽老尊 朱鷺の暦だってヱビスさまですから。(笑)

大国主命のご子息さま だとは知りませんでした。
たいへん、失礼いたしました。(汗!)

tokinokoyomi 豊川稲荷摩利支天 朱鷺の暦摩利支天さまは、猪に乗った、三面六臂の女性の神様で、陽炎(かげろう)のように姿を消し、障害を除いてくれます。

WANDS みたいな スピードを感じさせる神様ですね。

tokinokoyomi 豊川稲荷融通金 朱鷺の暦キチンと、お約束を守り、次の課題をお約束してきました。

今回は、スタッフさんと2人分です。
また、お礼に参ります。


tokinokoyomi 豊川稲荷狐塚 朱鷺の暦tokinokoyomi 豊川稲荷千本幟 朱鷺の暦






お稲荷さまと言えば、狐塚。

今日は手押し車に載ったお稲荷さまも数多く見掛けました。

tokinokoyomi 豊川稲荷本殿 朱鷺の暦台座の交換なのか、増設なのか。ここには豊川稲荷の「」 を 守り続ける人たちがいました。

そして、一口に商売繁昌といっても、技術磨きなのか、感性を育てるのか、はたまた、統率力が欲しいのか。

tokinokoyomi 豊川稲荷奥の院 朱鷺の暦それぞれの思いで願う、商売繁昌 に、智恵 と 勇気 を 与えて下さいませ。



こよみ

豊川稲荷 東京別院

tokinokoyomi 赤坂豊川稲荷 朱鷺の暦赤坂見附の、林立するビルの中に、豊川稲荷 東京別院があります。

今日は、朝からいい話があって、この街に来ていまして、
ちょっと、お散歩して帰ろ~、という気分になりました。

そのかわり、ランチタイム返上です。(笑)


tokinokoyomi 赤坂豊川稲荷 千本のぼり 朱鷺の暦真っ赤な鳥居がありますが、ここは豊川閣妙巌寺というお寺です。

稲荷と呼ばれるのは、狐を祀った神社ですが、
ここは、豊川ダ枳尼真天。

ご利益は、商売繁昌が有名ですが、

tokinokoyomi 赤坂豊川稲荷 弁天様 朱鷺の暦財と、智恵と、音楽の神様、「弁財尊天様」 が祀られているので、&、芸能関係のオフィスも近く、献灯には、ジャニーズ事務所やら、タレントさんの名前が たくさん見られます。

だんだん、お寺に神様?、ワケ解りません。

立地条件的にも、かなりのものが箱庭のように集められてます。
忙しい人には好都合かもしれません。
tokinokoyomi 赤坂豊川稲荷 朱鷺の暦
私の財布に、小銭がみんな銀色で、秘かに悩んでおりましたが、なんと、両替機がありました。

気がついたときには手遅れ…。 

tokinokoyomi 赤坂豊川稲荷 融通金 朱鷺の暦融通稲荷様 を発見。
なんだか、私を呼んでいる気がする…。たぶん気のせいですけど。

お金が儲かるように、ではなく、
お金に繋がる智恵とチャンスを授けて下さい、とお願いして、
黄色い袋に入った、『融通金』 を頂いてきました。

tokinokoyomi 赤坂豊川稲荷 融通金 朱鷺の暦tokinokoyomi 赤坂豊川稲荷 融通金 朱鷺の暦横の看板には、1年後に礼金として奉納、とあるので、頂いたというよりは、お借りしましたという感じですね。

お借りするのに50倍の金額を入れて参りました。
(帰宅後、5円玉でないことを知りました…汗!)
その金額が100倍になったら、お礼に参ります。
5万円ですから、お正月か立春でしょう。

その時は、今回の10倍を入れます。お札1枚です。
その100倍は50万円。
ちょっと時間が必要ですが、現実性はあります。

それが叶ったら、また、10倍…。5 諭吉さんです。
その100倍は…。しばらく来れないかも…。

黄色い袋に入った、『融通金』 の写真を撮ろうと思い、御賽銭箱に置きました。
何故か、光っているんです。自然現象だと思います。
すごいなぁ~!きっと、ご利益ありますね。

tokinokoyomi 赤坂豊川稲荷 叶稲荷様 朱鷺の暦近くに「叶稲荷尊天様」 発見。よく見ると、
縁切り、禍事災難除けの守護神、とあります。

ピンチとチャンスは、一緒にやって来ることも多いですからね~。

あまり、古いものにしがみ付いてると、新しい知識が受け入れにくいのかもしれません。

tokinokoyomi 赤坂豊川稲荷 朱鷺の暦まだまだ、たくさんの見どころがあります。

次回のお礼参りのために、少しは楽しみを残して、帰りました。


こよみ

火焔宝珠

tokinokoyomi 火焔宝珠 朱鷺の暦私が生まれた、いなかの家にも、お稲荷様がありました。

以前は町内の人もお参りに来ていたという、お稲荷様だと聞いています。

実家は、会社を営んでおりましたので、五穀豊穣 というよりは、商売繁昌 の神様として、大切にしてきました。

工場が2つあり、1つは自宅続きになっておりまして、その入口にお稲荷様はありました。

横には、隣家の(人は住んでいない)小屋があり、それが火災になったことがあります。その小屋は全焼してしまったのですが、屋根から、スプリンクラーの水でささやかな抵抗をし、それが功を奏したのか、うちの工場は守られました。

tokinokoyomi マッチ1本火事の元 朱鷺の暦工場の中は、材木やペンキ、シンナー類、プラ素材…、
ちょっとでも火が入ったら、あっという間だったでしょう。

その工場の入口には、ご無事だったお稲荷様。


当時は、明治生まれの祖父も元気に生きており、屋根にスプリンクラーの設置を考えたことや、それを火事場の緊急時に着想し、機転を利かせたことなどを勝因としていましたが、今になって思うと、お稲荷様は、火も上手に操れる神様なのかもしれません。

狐が火焔宝珠を持った像や、尻尾に火焔宝珠を乗せた像がよくあります。
尻尾が炎になっている図や、狐が口から火を吹く(狐火)など、狐と火の組合せは少なくありません。

五行でも、土と火の関係は良好です。

稲作は「 火 + 田 」 の畑ではなく水田ですから、あまり火が重要ではないかもしれませんが、雨乞い祈願などに火を使うことがよくあります。
雨乞いは、春から夏にかけての開催が多く、畑の作物のためと言うよりは、当然穀物でしょう。水は、水田にとって命のミナモトです。

tokinokoyomi キツネの嫁入り 朱鷺の暦キツネの嫁入りの日は、にわか雨が降る(= 雨乞い)、という訳で、今でも続いています。
雨乞いは、つまり五穀豊穣を願う行事なのだと思います。
今は、商店街が中心となっていたりして、転じて商売繁昌ということでしょうか。

キツネの嫁入り祭は、少し変化して、歌舞伎祭のような、芸能を披露するお祭りになっているものもあるようです。


話がそれてしまいました。

いつ頃からか、父は、お正月を迎える時などに、半紙に火焔宝珠を描いて祀るようになりました。その半紙に、餅や小皿に載せた油揚げを置くのです。

今の私と同じ事に気づいたのではないかと考えています。というか、今、私が亡き父から教えられたのでしょう。

父は絵心がありましたので、サラサラッと描いても、炎に見えます。
父の亡き後は、兄が見様見マネで描きますが、まぁ…、努力賞ということで。(笑)
簡単そうに見えても、なかなか難しいものです。(一応、フォロー。)

今は、会社を閉鎖して自宅も引っ越してしまいましたので、お稲荷様は新しい土地で兄のもとで鎮座しております。

tokinokoyomi ネコ 朱鷺の暦私の家には、現在ネコがおりますので、お稲荷様は祀れません。
実家でも、お稲荷様がいるから動物はダメ、と言われてきました。
言い伝えられている言葉には、何かしら理由があると考えています。


3代目が収束した事業は、いずれ、4代目が新たな形で起こすようです。
もう少し、時間は掛かりますが、確実にその芽が出始めています。

tokinokoyomi 火焔宝珠 朱鷺の暦その工房の中に、 朱鷺の暦 (ときのこよみ) 』 のオフィスを作りたいものです。

技術やセンスというのは面白いですね。
一度途切れても、DNAとともに、誰かが引き継ぐものなんですね。

きっと、そのセンスを必要としているかどうかを判断し、こっそり左の手に渡すのでしょう。そのDNAを活かすも眠らせるも、右手次第、ということでしょう。

手相では、左手は受け取る手、右手は切り開く努力の手だからです。

右利きとか左利きとかは、関係ありません。左利きの人が、右脳と左脳が逆になっていたりする訳ではないからです。


こよみ


夏休みの大磯夜市

tokinokoyomi 大磯港 朱鷺の暦

8月17日 

夏休みの中でも、最も家族が一緒に過すのは、この土日あたりでしょうか。
夏休みの思い出の1ページ作りに、大磯市は賑わいました。

tokinokoyomi 大磯夜市 朱鷺の暦15:00 の搬入の時から、釣り船乗船のお客様たちと、海水浴に来たお客様と、堤防での釣り人たち、犬の散歩、夕陽に向かって叫びたい人…。

いろんな人たちで駐車場は あふれかえっています。

tokinokoyomi 大磯夜市 朱鷺の暦

大磯市実行委員の方々による、誠意ある対応で、駐車場は、出る車、入る車、停まっていたい車と、まるでパズルが解けていくかのように整理されていきます。

暑い中、本当にご苦労様です。 &、 いつも、ありがとうございます。

tokinokoyomi 大磯夜市 朱鷺の暦朱鷺の暦 (ときのこよみ)』 にも、たくさんの親子連れやカップル、三世代ファミリー、男性のお友達同士…等々。たくさんの方々がお見えになりました。

恋愛、結婚、仕事や健康は、いつものこと。
転居や相続絡みも、近頃は増えてきています。

こういう案件については、
手相よりも、もっとふさわしい占術があります。

tokinokoyomi 大磯夜市 朱鷺の暦今日の大磯夜市は、一人での鑑定となり、時間が足りなくて、お待ちいただいた列の、最後の方々には、鑑定が出来ずにお帰りいただくこととなりました。

たいへん 申し訳ありませんでした。

tokinokoyomi 大磯夜市 朱鷺の暦さすがに開催時間をオーバーしていましたし、場内アナウンスでも、撤収の案内が流れていましたから、なんともなりません。
お互いに無念の思いです。
9月の出展をお約束して、お引取りいただきました。

tokinokoyomi 大磯夜市 朱鷺の暦夜市の場合は、スタート時からお見えになるものの、やはり、早い時間が比較的空いています。

空いているときのほうが、ゆったりと鑑定が出来ますので、お勧め致します。

統計上では、お一人様、だいたい710分くらいです。

tokinokoyomi 大磯夜市 朱鷺の暦「は~い、時間切れ~。続きはまた来月~。」
という訳に いかないので、案件によっては 多少長くなります。

Baby & Kids は無料ですので、サラッと短めです。


tokinokoyomi お稲荷さん 朱鷺の暦
先日、クマのお稲荷さんのリクエストがありましたので、商売繁盛を祈願しつつ作りました。
(お皿に置いた根菜は、まるでブランド物のバッグのようです。)

このお稲荷さん(稲荷寿司)を作ったときは、親子連れで賑わう感じがします。
tokinokoyomi 秦野白笹稲荷 朱鷺の暦
今日も、たくさんの子供さんの手のひらを拝見いたしました。


神社でも、親子連れの稲荷像もよく見かけます。
そういえば、童話、「手袋を買いに」 も、親子のキツネでしたね。

こよみ

明日のSun Sun マルシェは、中止です。

tokinokoyomi パンダ稲荷 朱鷺の暦楽しみにしていた明日の予定の、
夏休みの Sun Sun マルシェは、
みなさまの安全を第一優先に考えて、中止となりました。

勇気ある、よい決断だと思います。


雨も大変ですが、風もそれ以上にいろんな事件が起きそうです。

tokinokoyomi パンダ稲荷 朱鷺の暦出展者は、ついつい頑張っちゃうし、
何よりも、海も近いし、高さもないし、人を集めてしまうことが怖いと思います。


来月の9月14日も、8時から12時の開催です。
3連休のまんなかですね。仕切り直して頑張りましょう。

こよみ



アロハ・ママまつり in 小田原

tokinokoyomi アロハママまつり小田原 朱鷺の暦平日とは思えないほどの賑わいを見せた
フレスポでのアロハ・ママまつり

このショッピングセンターがある、巡礼街道は人気のお店が並ぶ、いつも渋滞する道として知られています。
この日も、平日の朝なのに、けっこう混み合っていました。

マックが会場のすぐ近くにあって、自然と子供連れの家族が集まってきます。

ステージでは、華やかな衣装、ゆるやか~な ハワイアン ・ ミュージック に載せて、フラダンスがお披露目。

Baby も、Kids も、Lady も、Mama も、み~んないい顔。

楽しそうに見えますが、フラは、想像以上に忙しくて運動量もハンパないものです。
一度、やってみると、さらに楽しめると思いますよ。 

tokinokoyomi アロハママまつり小田原 朱鷺の暦tokinokoyomi アロハママまつり小田原 朱鷺の暦tokinokoyomi アロハママまつり小田原 朱鷺の暦






小さな手のひらもたくさん拝見しました。
なかなか手の内を見せない用心深さは、城下町小田原の武士道の名残りかもしれません。

そして、奥方、いや、奥様たちの忙しい毎日。
もっと「すごいなぁ!」と思うのは、その忙しさを楽しんでいるかのような余裕です。

tokinokoyomi お稲荷のクマ 朱鷺の暦

先日、豊川稲荷に詣でて以来、イベントの時は、お稲荷さん(稲荷寿司)を作って商売繁盛を祈念しています。

ネットで、かわいいお稲荷さんの作り方を見つけて、作ってみました。


お稲荷さん(稲荷寿司)は、キツネさんじゃなくてもご利益あるかしら?
tokinokoyomi お稲荷のクマ 朱鷺の暦そんな心配は、全く無駄でした。
豊川稲荷のキツネ様は、心が広いんでしょうね。

後になって思い出しました。このイラスト、似てますよね~。

このイラストを描いたアーチストさんは、私がこのお稲荷さんを作るって、予知していたんでしょうか。

こよみ


新しい道が出来て、行動半径も変わる。

tokinokoyomi 藍染工房壺草苑 朱鷺の暦猛暑日も今日までという本日、誘われて青梅のフリーマーケットに参加いたしました。

圏央道が高尾まで繋がり、青梅はかつての距離感ではありません。
太平洋のフチから1時間足らずで着いてしまいます。

tokinokoyomi 藍染工房壺草苑 朱鷺の暦
青梅に入りますと、懐かしい響きの地名がそちらこちらにありましたが、「藍染工房 壺草苑」 というのは初めて訪れます。

とてもステキなクラッシック.モダンな建物で、藍染に使う大きな壺がたくさん乾して(?)あります。

tokinokoyomi 藍染工房壺草苑 朱鷺の暦右の写真のような休憩スペースが庭にあり、今回のイベント会場のコーヒーショップのステキな演出として活躍しています。
こんな大きな一枚岩のテーブルは、なかなかお目にかかれないでしょう。

このイベントは、地域のいろんな行事を担っている役員さんたちの高齢化を考え、もっと若い人たちにも出てきて欲しいということで、マジックショーやミニコンサート、折り紙教室など、たくさんの企画をされています。

tokinokoyomi 青梅 東日本震災復興支援 朱鷺の暦
その主催者様の熱意と、東日本震災復興へチャリティをするとのことでしたので参加させていただきました。

実際、運営をするには、開催場所の確保やら、テントの借り出し、アトラクションの手配などが必要ですが、

tokinokoyomi 青梅 東日本震災復興支援 朱鷺の暦こんなステキな場所を借りたり、そう広くもない会場に次々と出てくるテント、企画ごとに置かれたスペシャリスト。

これまでの積み重ねてきた人間関係とか、築き上げてきた社会的な地位とかを感じます。

tokinokoyomi 青梅 東日本震災復興支援 朱鷺の暦
鑑定にいらしていただいた方々、みなさんお忙しくなさっていて、本当に頭が下がる思いでした。
あとですり合わせたら、同じことしか言わないみたいですが、そうではなく、人のために忙しくしている方々が、自然と集まっているのです。

会場では、健康チェックをして下さるブースもあり、私も見ていただきました。血圧、体脂肪に加え、骨密度を細かく分類して印字。食品などのアドバイスもありがとうございます。

みなさまから、たくさん健康面についてのご質問もいただきますが、手のひらからも判るものの、こういうヘルスチェックのほうが、はるかに有効でしょう。(笑)
tokinokoyomi 五目稲荷で商売繁盛祈願 朱鷺の暦

今日も具材に工夫をした(近頃マイブームの)五目稲荷で商売繁盛を祈願し、出展料と鑑定料の一部を、東日本震災復興に寄付させていただきました。


こよみ

さっそくのご利益だったか?豊川稲荷

tokinokoyomi 豊川稲荷 朱鷺の暦
豊川稲荷で商売繁盛のお願いをしてきて、最初の出店となった、立川まんがぱーく大市。

たぶん同一場所では最高の訪問者だと思います。

実は、お稲荷さん(稲荷寿司)を、お弁当に作って来てました。

tokinokoyomi まんがぱーく四柱推命 朱鷺の暦お客さまが途切れると、こっそりパクッ。
「あ、今、大丈夫ですか?」

鑑定が終わると、また続きをパクッ。
「あ、今、いいですか?」

こんな感じで、1個のお稲荷さん(稲荷寿司)を食べる間にも、次々とご訪問いただきました。

tokinokoyomi 太っ腹な社長 朱鷺の暦
鑑定した方から、たくさんお勧めいただいたり、行列もでき、お天気にも恵まれ…。
そういえば、珍しく道路の混雑もなかったし。

また、とあるイベントへの誘致 をいただきました。楽しみにしてお伺いいたします。


tokinokoyomi まんがぱーく手相 朱鷺の暦
そして、念願の 立川 IKEA では、なんと!
セールを開催中。 駐車料金1000円が無料。

おまけに欲しかったモノの在庫がなくて、展示品を半額で売っていただいちゃいました。

カレーも破格で、美味しかったです。
このところ、イベントのキッチンカーの、インドやアジアのカレーに接することが多かったので、デミグラス系のカレーがちょっと新鮮な感じがしました。
物足りない方は、フライドチキンを載せてみては。合計でも349円くらいです。

買ってきたモノは夜の鑑定で使います。大磯夜市とか、見に来てくださいね~。来れない人は、後日のブログで見てください。

tokinokoyomi 豊川稲荷 朱鷺の暦豊川稲荷を含む、名古屋方面は吉方位旅行でした。

吉・凶方位については、いろいろ気になってることもあり、検証を重ねていきたいと思います。


ご利益だと思えばご利益だし、
この時期にセールは当たり前と言われればその通りですが、

思いがけずお得な気分になったら、宗教とかに関係なく、神様、仏様に感謝をしてもいいでしょう。 「また よろしく~!」 っと。

参考までに 朱鷺の暦 (ときのこよみ)』 では、宗教を押し付けたり、勧誘することはありません。(季節のモチーフとしてクリスマスやお正月のことを取り入れることはあります。)

お墓も売らないし、印鑑も売らないし、お札とか、寄付とか、ご祈祷とかもありません。(イベントの主旨により、チャリティ鑑定をすることはあります。)


こよみ