朱鷺乃暦  - 四柱推命 手相 タロット
日めくり暦 ~ こよみをめくるとき ~

大磯市

大磯市 中止となって得られたもの

tokinokoyomi 大磯市 朱鷺乃暦最後に開催されたのは、梅雨明け宣言の頃で、夜市の7月でした。
さあ、これから夏が来る!そんな思いの7月から、雨、風、台風…。
気が付いたら本州でも雪、なんてニュースが流れています。
およそ120日、つまり、1年の 1/3 が失われたような感じです。

tokinokoyomi 大磯市 朱鷺乃暦昨日が新月だったので、潮もいい感じだったのでしょうか。
久しぶりの朝市には、聞きなれた威勢のいい声が響き渡っています。

こういう 広~い場所で見ると小さめに見えても、ご家庭の台所では 意外に大きい、ということもありますが、
この屋外の水揚げ場で見ても、かなり大きい!と思う 海の幸も見られます。

久々の鑑定で、朝からたくさんの方がお見えになりました。近頃の傾向としては、ご紹介して下さる方が増えてきています。
私のやってきている仕事が、「 いいね!」 と評価されているような気がして、とてもうれしく思います。
tokinokoyomi 大磯市 朱鷺乃暦
これからの季節は、早朝はかなり寒いでしょう。

『 朱鷺乃暦 ( ときのこよみ)  』 では、
使い捨てカイロをご用意しておりますので、遠慮なくお持ち下さい。

手相鑑定以外では、
TAROT、RUNE など、その場で答を出せるもので鑑定をしております。
ご質問によって、適宜、占術を選んでお答えしていきます。

四柱推命は、私のやり方では、数日程度のお時間が必要です。
人生100年を 客観的にみる、ということをやっていますので、時間の件をご理解いただける方のみ、鑑定をさせていただいております。

なお、現在、鑑定が重なっておりますので、これからのご依頼の方については、12月以降のお伝えとなりますのでご了承ください。

tokinokoyomi 大磯市 朱鷺乃暦4ヶ月ぶりの晴天でした。
どの出店者も、新たなスタートという気持ちで集まられたと思います。
そして、その数は200 を超えており、選考から外れてしまった数まで含めますと、この小さな町のイベントとしては本当に驚きだと思います。

開催されない 第3日曜日には、普段できないことをやったり、作戦を練ってみたりしながら、今日の開催で忘れかけていた初心を思い出した方もいることでしょう。
また、開催が無かったことで新しい進展を得られた方もおありでしょう。

天候は、私たちの力では どうにもできないテーマではありますが、
師走12月は、出展者もご来場下さるみなさまも、み~んな忙しいので、ややこしい天気はやめてください!と言いたいものです。

今日のように 多少寒くても、前日が雨でも、とにかく開催を 願うのみです。


こよみ

大磯夜市、中止。

tokinokoyomi 大磯夜市連続中止 朱鷺乃暦大磯市、夏は夜市です。
でも、今年は 3回 のうち 2回 が中止となりました。

大磯市としては、連続の中止は初めて、とのこと。

今年の、異常な 夏らしからぬ気象の 置きみやげ だったのでしょうか。

tokinokoyomi 大磯夜市連続中止 朱鷺乃暦
普段、門限とかがあっても、花火大会や 初詣などは
お友達と宵闇を過ごせて、ちょっとワクワクしました。

そのワクワクが、大磯夜市にもありました。

残念です。

また、10月になったら、朝市でお会いしましょう。

こよみ

大磯市 時の色

2017 大磯夜市 July

夜市の中では、いちばんたそがれ時が長いイベントです。

搬入開始の15時は汗だくになりながらの設営です。
受付開始の16時にはボチボチとお客様の姿も。
オープニングの17時には、あっという間の人垣です。

tokinokoyomi 時の色 朱鷺乃暦tokinokoyomi 時の色 朱鷺乃暦tokinokoyomi 時の色 朱鷺乃暦






薄紫と橙の混じりあう空、各ブースにも 灯かりが点り始めます。
そしてすべてを包み込むような闇が大磯夜市の幕を告げました。

tokinokoyomi 時の色 朱鷺乃暦tokinokoyomi 時の色 朱鷺乃暦tokinokoyomi 時の色 朱鷺乃暦







毎年、7月の大磯夜市は、高来神社の縁日と重なり、
さらに海水浴客も同じ駐車場を使うため、
大磯市実行委員の方々も、羊の群れを制する 牧羊犬のようなあわただしさです。

いつも ありがとうございま~す。

tokinokoyomi 時の色 朱鷺乃暦今日のタロットは、
はじめて使う ソーラー電池のイルミネーションはうまく点灯するでしょうか? という質問にしました。
tokinokoyomi 時の色 朱鷺乃暦
YES! なら正位置、NO!だったら逆位置。

答えは WANDSPAGE 、正位置。ですから、うまく点灯します。

WANDSPAGE なので、
力強さや迫力はないけど、頑張ってるんだ!っていう感じですね。

あとで スタッフさんに、なんで写真が無いの?  と聞きましたら、光が弱くて写らないのだそうです。

tokinokoyomi 時の色 朱鷺乃暦夜市の楽しみは、ビールに肴、ワインにデリカ。
アウトドアのごちそうは、理屈抜きですね!

耳つぼダイエットもチラ見しつつ………、
ご当地グルメをいただきました。

お供はお茶でしたが、
ノンアルビールなんかも よかったかな~!?

tokinokoyomi 時の色 朱鷺乃暦甘辛のスペアリブなのに、ワインが欲しくなるのは何故?

そうそう、7月の大磯市の日は、お魚を取らない日でした。
いつも行列の めしやさんも お休みです。

いつもの活気が 無いのは、
イカやホタテの姿が見当たらないからかもしれません。

グルメとダイエット、この あい反する誘惑は、人間の欲望というか、本能を試しているのではないか? などと思ったりするのですが、

後日、耳つぼマッサージによる、リフトアップを施術していただきました。

やっている間に、顔が
  (●´ω`●)  )^o^(  (-"_"-)       

こんなことになるのでは? と思っていましたが、そんなことはありません。

でも、鏡を見て、すぐにその効果がわかります。
大磯市の後じゃなく、イベントの前に行けばよかったわ~~!

今回は、ブログの調子が悪くて、アップするのが遅れてしまいました。
どうも、画像の量が多いのが原因のようです。

それと、久しぶりの夜市で、手元を照らすライトを忘れていました。
ライト! ライト! 準備は大切です。

こよみ

真夏日となった 大磯市

tokinokoyomi 真夏日のミナト 朱鷺乃暦晴天の休日、朝早くから釣人たちも大磯のミナトへやってきます。

見てるハナから 次々と サビキに小魚が掛かっています。サッパかな?
ママカリ (飯借り) とも言う…。

どの竿も忙しそうです。

tokinokoyomi 真夏日のミナト 朱鷺乃暦大磯港の水揚げ場にも、
夏の定番 シマシマのシャツを着た 石鯛Jr (シマダイ)、ブリJr (イナダ)、皮ハギ、太刀魚、トビウオ、カマス、ホウボウ、マトウダイ、メジナ、アジ 各種に サバ 各種、ヤリイカ、アオリイカ、etc…。

今日は、目にも楽しい 五目釣りですね。

tokinokoyomi 真夏日のミナト 朱鷺乃暦tokinokoyomi 真夏日のミナト 朱鷺乃暦tokinokoyomi 真夏日のミナト 朱鷺乃暦







この時期は、ツバメもヒナが巣立ちの準備です。
この真夏日のような気温に、旅立ちを 急かされては いないでしょうか。

tokinokoyomi 真夏日のミナト 朱鷺乃暦そうかと思えば、トンビが 大磯市のごちそうを狙っています。

落としちゃった~!と思ったとたんに素早い行動を見せて、その大きさにもビックリしちゃいます。

クルリと輪を描く、身近な感覚の鳥ですが、立派な猛禽類です。
慣れてきたら、落ちていない、手の中のごちそうも狙い始めるかもしれません。

tokinokoyomi 真夏日のミナト 朱鷺乃暦このハンバーガー、高かったんだけど…。とか、
長時間並んで、やっと手に入れたのに…。とか、
トンビにとっては、まったく ピーヒョロロ ですので、注意しましょう。

壁ぎわとかが、ツバサの邪魔になるので、いいかもね。
tokinokoyomi 真夏日のミナト 朱鷺乃暦tokinokoyomi 真夏日のミナト 朱鷺乃暦

五月晴れのお天気を予測して、せっかくテントを張るのなら、

そよ風に踊る のれんをつけよう!

ということで、ブースもさわやかな色合いの空間に致しました。

tokinokoyomi 真夏日のミナト 朱鷺乃暦日陰効果もさることながら、見た目にも涼しげな印象になったと思います。

そのせいか、お一人おひとりのお時間は、やや長めだったのでは ないでしょうか。

一日中、太陽が照りつけていて、犬も水を楽しむ姿が見られました。

来月は、朝市ですが、その後、3ヶ月間は夜市の開催となります。

tokinokoyomi 真夏日のミナト 朱鷺乃暦6月といえば、梅雨に入り、今日の暑さが幸せだったことに 気がつくのかも知れません。

雨だからといって、必ずしも中止にならない、強気の大磯市 ( 笑 ) ですから、
雨対策も、しっかりと準備しておきます。

みなさま方も 心に テルテル坊主をぶら下げておいてくださいませ。

こよみ

大漁 晴天 大磯市

tokinokoyomi 夏も近づく大磯市 朱鷺乃暦
花吹雪に 桜の名残りを惜しむ 今日この頃、

魚の水揚げ場の建物の屋根に ツバメの巣を発見しました。

まだまだ 新居の修復中で、忙しそうです。

暦を見ることもないのに、ちゃんとその時期を知り、忘れることなくやってきます。

tokinokoyomi 夏も近づく大磯市 朱鷺乃暦晴天に恵まれた大磯市ですが、魚も好調で、海の男たちは わき目も振らずに魚の選別。

アジにイワシ、カマス…、
サバも 背筋が シャキッ!としていて デカい。

あっ!という間に 種類とサイズまで分類されていきます。

tokinokoyomi 夏も近づく大磯市 朱鷺乃暦そして、活〆( いけじめ )の手さばきも お見事です。

広い青空の下では、でっかいワラサか~? とも思いましたが、
ご家庭の中では デカ過ぎて まな板にも乗らない 堂々のブリ でしょう。


始まりは、いつもの 「 今日は どんな一日になりますか?」 という、タロット・カードへの質問。

tokinokoyomi 夏も近づく大磯市 朱鷺乃暦
対面にはスタッフさん。一枚を選んだのですが、
このRussian Tarot は、裏面で正逆が判るので、こそっと ひっくり返し…。

それって、ダメでしょ!

あとで聞きましたら、正逆が判らないけど、ひっくり返してみたかったのだそうです。

Page of  pentacles (R) でした。

tokinokoyomi 夏も近づく大磯市 朱鷺乃暦お金の子ども…。 逆位置…。
んんーん。 何だろう…。 小銭?
おつりが足りなくなっちゃうのかな…?

スタッフさんが、
「 ほ~ら、逆にしとけばよかったじゃん! 」 と。

ダメです!!

tokinokoyomi 夏も近づく大磯市 朱鷺乃暦鑑定中の机上では、受け取ったり、おつりとしてお渡ししたり と、かなり忙しかった 500円玉でしたが、
あとになって 集計をしましたら、用意してた 500円玉、一枚も増減がありません。

いつもは必ず現れる 100円玉も、一枚もありません。

これは珍しいことです。
まぁ、どうでもいい部類の話ですが…。
朝一番のタロットは、こんなことを教えてくれたんですね~。

tokinokoyomi 夏も近づく大磯市 朱鷺乃暦もし、あの時、スタッフさんのひっくり返しに 気づかなければ、ジャラジャラと 小銭が集まる日になっていたのかもしれません。

タロットは、偶然やたまたま、すべてを含めて、出たカードで判断をするのです。

シャッフルの時にピョン! と はじけ飛んで ひっくり返ったカードも、メッセージとして捉えます。


今日も、そのジャンピング カードが、一回だけ 出ていました。

6 of Swords
tokinokoyomi 夏も近づく大磯市 朱鷺乃暦イカダで遠くへ行く感じのカードです。
行ったり来たりのカードではないですね。

その後のカードは、予想通り、その暗示に似たように出てきます。

当然ですが、いろいろとふっきれない事も たくさんおありでしょう。

ただ カードは そういう暗示をしておりました。
その暗示を見て、いろいろとシュミレーションをし、結果として、暗示とは違う選択をするかもしれませんが、その答えを出すことも含めての、カードの暗示です。

カードは、当たるかどうか? が重要なのではなく、その方が幸せになることが大事なのです。
もう一度 考えを整理したり、大切なことを確認するためのツールだと思います。

tokinokoyomi 夏も近づく大磯市 朱鷺乃暦
どういう選択をするにしても、これからはご遠方で ご活躍されることだと思います。思う存分に頑張ってくださいね。


こよみ

春 爛漫、大磯 ミナトの一日。

tokinokoyomi 春分の大磯市 朱鷺乃暦春分の日を間近に、三連休となった3月の大磯市は、200を超える 出店希望数があった今回の大磯市。
選考に漏れた方もあったようです。

大入り満員とでも懸賞幕を垂らしたいほどの賑わいで、大磯市は 一日中楽しい雰囲気に包まれました。
tokinokoyomi 春分の大磯市 朱鷺乃暦この4月に新しいスタートを切ろうとする人たちも多く、

新しい環境は、新しい人脈の始まりでもあったりしますので、
希望に満ち溢れる春到来です。

いろいろな決意がみられる一日でした。
tokinokoyomi 春分の大磯市 朱鷺乃暦
今日は大漁だったのでしょうか。

ミナトでは鳥たちがうれしそうに舞い上がっている姿が見られました。

朝一番に上空の飛サギを見たときは、絶対に今日はいい日になる!と確信致しました。

tokinokoyomi 春分の大磯市 朱鷺乃暦オープニング前から お客様はお見えになり、気分よく今日一日は、どんな感じ? をカードに聞いてみます。

The Hierophnt 法王とか司祭長などというカードです。
日本人には ちょっと 理解しにくいカードですが、
神父さんのような教会系の方だったり、ローマ法王のように権力もあったり…。

tokinokoyomi 春分の大磯市 朱鷺乃暦カードの意味としては、
困った人の駆け込み寺 のような意味もあり、奉仕の心を象徴します。

その人の気持ちを大切にする鑑定の一日となる感じがします。

tokinokoyomi 春分の大磯市 朱鷺乃暦実際、この件は、どうなんでしょうか?といった質問が けっこう多かったように思います。

涙あり、笑いあり、懐かしさもあり…。
そして、新しいご縁も増えています。

案件によっては、もう少し時間をいただいて、じっくりと 鑑定結果をお伝えしたいなぁ~!と思うものもありました。
tokinokoyomi 春分の大磯市 朱鷺乃暦
手相だけでは、ざっくりとした方向性のようなもののお伝えにしかなりません。

個別の案件についてはタロットなども参考になりますし、リスクについては四柱推命が有効だと思います。

男性は、カードなんかで 判ってたまるか! という方も 多いように思いますが、
易なども 同じ 命・相・卜 の卜( ぼく ) というジャンルになります。

tokinokoyomi 春分の大磯市 朱鷺乃暦コインの裏・表で占うコイン・トスは、陰陽占いの原点なのですが、それをたくさん組み合わせたものです。

タロットや ルーンは、遊牧民や ジプシーなど、移動する人たちが、移動中の糧とするための占いで、
筮竹のように 机がないとできないものは 不便なのです。

そのため、こんなにもシンプル? と思うような、石や カードだけで 占いをするのですが、私も、実占で沢山の不思議を体験しています。

『 朱鷺乃暦 (ときのこよみ) 』 も、いろいろな悩み事に対応できるように、少しづつ変化をしていきたいと思います。


こよみ

この冬いちばんの寒い市

tokinokoyomi 2017大磯初市 朱鷺乃暦今年初の大磯市は、予報通りの寒い朝です。

その分 空気は澄みきり、空は青く、海はキラキラと輝き、三浦半島は、冬ならではの 蜃気楼モドキの現象で、浮き島のように見えていました。

早くからお見えになったお客さまの手は、温かい汁物を持っていました。

手相ブースでは、手袋も取らなければならないし、早朝は、なかなか キビシイ感じが しています。
それは想定内のことなので、ぶらり、大磯市をお散歩しました。

どのお店も、身体の中から温まりそうなものを用意していて、視界にも、嗅覚にも 容赦なく 誘いかけてきます。

「 つまみが欲しいの? おなかいっぱいにしたいの?」

tokinokoyomi 2017大磯初市 朱鷺乃暦なんて商売上手なんでしょう!
この判り易さ、声を掛けていく社交性。コレが金運のミナモトなんです。

ついつい、お財布が ゆるんじゃいます。
買えば おいしいということは 判っていますから。

昨日のタロット占いでは、
寒さはきびしいけれど、イベント自体は悪くない。
後半は途切れなくお客様がお見えになり、まさにその通りとなりました。

tokinokoyomi 2017大磯初市 朱鷺乃暦何件か、じっくり鑑定といえる案件にも接しました。

そして、オマケという位置づけの RUNE の文字のアドバイスですが、かなり的を射ています。

なにか、ヒントになれば 幸いです。


今年は、丁酉年。
今まで、風景の一部として、何気なく見ていた鳥たちにも、意識が行きます。

tokinokoyomi 2017大磯初市 朱鷺乃暦tokinokoyomi 2017大磯初市 朱鷺乃暦





tokinokoyomi 2017大磯初市 朱鷺乃暦
何の合図もないのに、魅せる集団行動。
かと思えば、気ままにはぐれ鳥…。

水に游ぶ鳥もいれば、
水なんかマッピラだね!という仲間もいます。


でも、よーく考えてみると、実は 私たち人間は、鳥に空から見られているのです。カーナビの鳥瞰図のように…。

そして、どちらのミカタもせず、風見鶏として、成り行きを客観視しているのです。

こよみ

大磯市 大寒波の初市となるらしい…。

tokinokoyomi 2017大磯初市前夜 朱鷺乃暦
2017年、明日の大磯市、最初のイベントは、関東でも雪と、大寒波の予報でした。

その予報の通り、今日は、はらはらと積もらない雪が降りてきていました。

明日も寒そう…。 そして風も強そう…。


ということは、明日はタロットで今年の運気を占うことは、厳しそうですね…。

では、本日のうちに、明日の 大磯市のお天気と、イベントの様子を 見てしまいましょう。お正月ですので、Chinese Tarot で、みてみました。

tokinokoyomi 2017大磯初市前夜 朱鷺乃暦そして、スタッフさんは金運を。
スタッフさん、いつ、金運を感じれるでしょうか。

不労取得は期待できません。
リバースが これでもか!とばかりに、たくさん続きました。

私は、全般を占ったのですが、
結局は、金運のうまく行かなさを痛感。

tokinokoyomi 2017大磯初市前夜 朱鷺乃暦
何を隠そう、「 丁」の年は、いまひとつなんです、ワタシ。

特に金運が、ね~。致命的だわ…。

このデッキで ホロスコープ・スプレッドもなんだし、
オリエンタル・ホロスコープと言われる、紫微斗数の命盤風にしてみました。

残念ながら、リビングのテーブルを使ってみましたので、奥行が足りません…。
あ~、この計画性の無さが、原因なのかな…。
tokinokoyomi 2017大磯初市前夜 朱鷺乃暦

今年は、いろんな事の 初心に帰り、ものごとの 「 いろは 」 と、情報の整理をして、人のために頑張ることにします。


では、また明日。暖かくしてお出掛けください。
こよみ

2016年の締めくくりは、大磯市

tokinokoyomi 大磯市 歳末 朱鷺乃暦2016年のイベント、今年は少し早いですが、今日が最後、仕事納めとなりました。

フィナーレにふさわしい晴天で、風もなく、ポカポカと陽射しがうれしい一日でした。


tokinokoyomi 大磯市 歳末 朱鷺乃暦スタッフさんも、いろいろな節目となる一年です。
この12月は、記念行事のラッシュで、

今日も、スタッフさん的には恒例になっている、
釣りキチ集会 ( 忘年会編 ) という訳で、江ノ島の向こう側の海 におりまして、大磯市での写真は ありません。残念!


来年の展望を考えようと、タロットを出し、
私の1年…、スタッフさんの1年…。頭の中は、アレもコレも、です。

そんな状態で、とりあえずシャッフルし、徐々に整理されてきた頭の中。お客様がいないうちに、今日がどんな一日になるのか?そうそう、コレコレ!

tokinokoyomi 大磯市 歳末 朱鷺乃暦おっと、その前に、だるまさんの写真を撮ろう!

コレね、だるまさんなんですよ。
荒井だるま屋さん、大磯市にも出てるでしょ?

来年は酉年なので、鶴だるまをフンパツしてGETしました。
そう言われると、ボディがだるまっぽいでしょ?

そんな事とは関係なく、お客様が見えられます。
みなさん、お気に入りのおつまみにワインやら、ビールやら、ラムネやら…。
持ち込みもOK!です。ご一緒に、楽しい想い出を作りましょう。

tokinokoyomi 大磯市 歳末 朱鷺乃暦その後に、ようやく、今日はどんな一日になるのか?を
占いました。
シンプルに、大アルカナ22枚での、ワン・オラクルです。

『 TOWER 』、しかも正位置。

はいはい。さっき、ラムネ・タワーが倒れて、アタフタとしたところです。
ちょっと、遅出しジャンケンみたいですが、まぁ、いいか…。

『 TOWER 』、今までにない表現方法です。

次回は、2017年をゆっくり占ってみたいと思います。
みなさまも、たまには TAROTも いかがでしょうか。新年や、立春、あと お誕生日なども、これからの一年をみるのには良い時だと思います。

こよみ

暖かかった冬の大磯市

tokinokoyomi 大磯市 残月 朱鷺乃暦
昨日は、一日中 降ったり止んだりの 雨。
そのため、今朝の搬入タイムは 霞の中を走ってるような感じでした。

明日が下弦の月、つまり半月ですが、太陽との角度が 90度 ( 270度 ) になるときです。
太陽が 水面から 顔を出して間もなくの搬入タイムには、まだ 残月を見ることができます。

そして、「 あっぱれ!」 と 呼びたいほどの晴天となり、天気が人を呼び、人が活気を生んで、活気は笑顔となって昇華していきます。

昨日の悪天候のためか、網が揚げられず、日の出前から並んでいたのでは?と思われる人たちも、ガッカリの魚市でしたが、

tokinokoyomi 大磯市 縁起だるま 朱鷺乃暦
各店舗、朝から売り切れ、行列…。秋の収穫祭のような地産物、解禁のボジョレー・ヌーボー、クリスマスの飾り、来年の干支の鶏系…。実に いろいろなものが並ぶ市 となりました。
tokinokoyomi 大磯市 TAROT RUNE 朱鷺乃暦
上の写真の、荒井だるま屋さんの創作だるまの中に、私が Get した一品があります。

tokinokoyomi 大磯市 TAROT RUNE 朱鷺乃暦いずれ、アップしますのでお楽しみに…。

tokinokoyomi 大磯市 TAROT RUNE 朱鷺乃暦朝一番のお客さまが リピーターの方で、『 朱鷺乃暦 ( ときのこよみ ) 』 は タロットでの Opening と なりましたが、今日は、TAROT & RUNE の一日となりました。

tokinokoyomi 大磯市 TAROT RUNE 朱鷺乃暦RUNE は、今、大磯市がこだわっている、「 大磯市ならではの特典 」 として、無料で 楽しんでいただけるものです。

ひとつだけ選んだ石に、刻まれた文字が表わす意味を お渡ししています。
何か、ヒントになっていたら幸いです。


ミナトで見る富士は、葛飾北斎の 神奈川沖浪裏 を思い出します。
ただ、大磯のミナトでは、おだやか過ぎて、浪の裏が出来ませんけどね。

tokinokoyomi 大磯市 富士山 朱鷺乃暦こよみ