朱鷺乃暦  - 四柱推命 手相 タロット
日めくり暦 ~ こよみをめくるとき ~

手相

2018 大磯夜市、その①

災害により被害を受けられました皆様に心からお見舞いを申し上げます。


tokinokoyomi 7月の夜市 朱鷺乃暦
2018.7.15.晴天

7月の大磯市は、毎年、海の日を含む三連休に、地域のお祭りと、このイベントが重なります。

オープニングから賑わうミナト会場です。

そして、晴天。たくさんの来場者が見込まれます。駐車場は海水浴のお客様と入れ替わる感じなので、なかなか入れません。

tokinokoyomi 7月の夜市 朱鷺乃暦開催される、3 回の夜市の中では最も日没が遅い7月。
黄昏れていく時間に、映りゆく色があります。

搬入時は、猛暑か、酷暑か、炎暑か、立っているだけで汗が流れていきます。
風があるのは幸いですが、涼しいというほどのものではありません。


tokinokoyomi 7月の夜市 朱鷺乃暦今日は、お魚関係も休漁日らしくて、

めしやさんも、大磯大好きクラブさんも、いらっしゃらないです。

魚の朝市もなかったと思います。

B1 ~4 ブースで ご近所の、心の人筆のGood Sun さん、こちらに向かっている時にお怪我をされたようです。

暑いとイライラしますし、ボーっとすることもあります。お互いに交通事故には気を付けましょう。

tokinokoyomi 7月の夜市 朱鷺乃暦だんだん、夜市らしくなってきました。

ビールやワインボトルごとお見えになり、
まるで居酒屋のようにくつろいでいただくのも、また夜市の楽しみです。

つまみは、手のひらの中にあります。


時間の経過とともに、気温も下がってきて、気がつくと長者の列。

この街は、豊かさが感じられる人が多いのも、この大磯市を発展させていく大事な要素だと思います。

tokinokoyomi 7月の夜市 朱鷺乃暦
そして、楽しい一日には、終わりがあります。
最後までお待ち頂いた方は、どれほど並んでいただいたのでしょうか。

今日は、鑑定する私の立場からも、心に残る場面がたくさんありました。
手のひらの線には、そしてその意味する性格などにも、良いも悪いもありません。どう活かしていくかが大事なのです。

社会の中には、いろんなタイプの人間が、複合的に関わり合い、その個性を認め合いながら、自分の役割を探し続けているのかもしれません。


こよみ

6月なのに梅雨明け?

tokinokoyomi 梅雨明けイベント 朱鷺乃暦2018.6.30 Sat

6月といえば、うっとうしい梅雨空のはずですが、なんと!まだ6月だというのに、昨日 梅雨明けしたようです。

何となく、空気の重たさは感じるものの、
気温は30度を超え、容赦ない日差しが。

今日は、たくさんのご高齢者様が過ごされている、とあるハウスのイベントに参加を致しました。

tokinokoyomi 梅雨明けイベント 朱鷺乃暦賑やかなフリーマーケット、キッチンカーがやってきて、
地域の人たちも集まってくださいました。

普通のイベント会場とは違い、ご高齢の方たちの生活があります。

開始直前まで、
食事をしたり、片付けをしたり、お薬もありますよね。

ここでお仕事をされている方たちは、それの介助と、出展者の対応に大忙し。

終わればまた、ご挨拶やら、夕飯やら…。


tokinokoyomi 梅雨明けイベント 朱鷺乃暦介護の仕事は、ものすごく忙しいのに、
ご高齢者様に対応している時にはいつも笑顔でやさしくて、
それを感じさせないのがすごいなぁと思います。

いつかは私も、ひとりでは出来ないことがいろいろと出てくるのかもしれませんが、その時の日本は、どんな時代になっているのでしょうか。

こよみ

好天に恵まれました。6月の大磯市。

tokinokoyomi 晴天6月大磯市 朱鷺乃暦
平成30年6月17日

晴天 大磯市

200を超える出店数と、大勢のお客様に恵まれました。


tokinokoyomi 晴天6月大磯市 朱鷺乃暦いつものバナーがかなり傷んできまして、
手書きの 『 千客万来 』 を飾ってみました。

そのせいなのでしょうか?
今日来ていただいたお客様にも、
たくさん千客万来のサインが見られました。

それなら、今度は何て書こうかな…。
商売繁盛、一攫千金、開運招福…。

そんなに甘くないか、人生は。

昨日、一生懸命、タロットカードのメンテナンスを施して、スベスベ~の、さ~らさらな状態になって、ワクワクしていたのに、持っていくのを忘れてしまいました。

なので、RUNE が活躍致しました。
石に掘られた古代文字で、タロットカードのような感じで占えるものなのですが、
タロットカードは、絵がある分だけ、伝えやすい気がします。


tokinokoyomi 晴天6月大磯市 朱鷺乃暦
そして、人気線がきっとありそうな、
いそべぇ & あおみちゃん。

そのモデルは、『 アオバト 』

今、照ヶ崎海岸には、そのアオバトの姿を撮りたいと、朝からたくさんのカメラマンが集まっているのだそうです。

梅雨時の大磯の海岸は、いそべぇ、いや、アオバトの季節なのですね。

その姿は、いそべぇを見ての通り、青ではなく黄色い印象です。

鳴き声が 『 ゥーァオアオー、アオウアオー 』 という感じなのだとか。
だからアオバトなのではない!と思いますけど。

tokinokoyomi 晴天6月大磯市 朱鷺乃暦
今年は、解禁日も近い頃の、鮎の遡上する数が
とても多かったようです。

毎年、鮎に関わっているという方のお話では、
今年は多かったけど、去年も多かったんだ。
何てことないよ。と、アッサリ。

大地震が来るとか、富士山が噴火するとか、騒ぎ出さないように、隠してるんじゃないの?と疑いつつも、関連はないのか…と、ちょっと安堵。

梅雨時は大噴火とかは、あまりない、というので、心はかなり無防備です。

今日も、スタート時は、寒くないかな?と上着を着ていたのに、突然太陽が、カッ!と照りつける午後となりました。

tokinokoyomi 晴天6月大磯市 朱鷺乃暦太陽のエネルギーって、すごいなぁ!と思いましたが、
逆に、雨雲のさえぎるパワーも巨大なのだと思いました。

梅雨時は、夏を表わす巳午未の真ん中の午月で、

本来なら夏至の頃が、日照時間も最長になり、一番暑い季節
のはずなのですが、
本当に暑いと思うのは、梅雨が明けた後ですよね。

暦の上では、梅雨明けは土用に入る頃。
夏の土用は暑くてたまらない、体力も消耗するので、ウナギを食べよう!っていうワケです。

ところが、暑くてたまらないのは人間だけでなく、梅雨時には雨雲が気温を下げ、降り注ぐ雨が大地の温度も抑えていたかもしれませんが、
一気に猛暑、炎夏となって地下のエネルギーを刺激しなければいいと思います。

昨日の千葉のスロースリップ、今日の群馬の震度5 弱…。
私の頭では、何がどう繋がっているのかは判りませんが、常にスマホの電池だけはFULL にしておきたいと思います。

こよみ

なか110ごとマルシェ

tokinokoyomi 中井町 110年 朱鷺乃暦 中井町110年

スポーツリクレーション


tokinokoyomi 中井町 110年 朱鷺乃暦









tokinokoyomi 中井町 110年 朱鷺乃暦梅雨入りの予想も聞こえ始め、晴天の休日は かなり貴重なこの時期に中井町の110年の記念イベントが行われました。

こちらは野球場。
たくさんのご家族連れで賑わいます。

ご当地ゆるキャラの髪は、町の鳥「さぎ」ですね。「朱鷺」も、「さぎ」の仲間なので、愛着があります。

tokinokoyomi 中井町 110年 朱鷺乃暦イベント会場では、キッチンカーが並び、どんなに暑い日でも、熱々のメニューが待っています。

なので、お母さんたちもお弁当を作らなくていいし、昔のように早起きしたり、大きな荷物になったりしないので、家族み~んなで楽しめるようになったと思います。


tokinokoyomi 中井町 110年 朱鷺乃暦そして、メニューにも工夫があり、選ぶ楽しさもあり、写真に撮って残したりして、
ここに来れなかった家族や、お友達などに伝えることも、また楽しいのですね。

今日のブランチは、焼き小籠包。
tokinokoyomi 中井町 110年 朱鷺乃暦それぞれのお味も楽しめるのですが、その姿も可愛らしくて感動しました!

このお店に行った時には、すでに出来上がっていたのですが、

想像以上に熱くて、予想を裏切らない小籠包のスープに、思いがけないクリスピーな触感の驚きと、キッチンカーだからと手を抜かないお味のクオリティ。

tokinokoyomi 中井町 110年 朱鷺乃暦朱鷺乃暦 (ときのこよみ)』 も、
一期一会となるかもしれない出会いのわずかな数分間で、多くの方に感動していただけて、
また、足もとを再確認するキッカケをお渡し出来たら本望です。

今日も、赤ちゃんから中学生まで、途中経過ともいえる手のひらのサインを、たくさん拝見致しました。

とても楽しみな未来図は、まだまだ白地図です。それぞれの個性と努力と、時代の背景なども加わって、少しずつその地図は完成していくのです。

大人になる頃には、今日の手相の事はすっかり忘れてしまうでしょうが、みなさんのご活躍を楽しみにしています。

こよみ

五月晴れだけど、風がすごい大磯市


2018.5.20

第三日曜日は大磯市です。

前日の雨予報も、いつの間にか、晴天に変わり、大磯港はトンビが大きく羽を広げて会場上空を旋回していました。

搬入時から風が強く、こんな日はタロットは無理。
RUNE という石が活躍致します。












大磯市の朝は、魚市場にも活気があって、その声をたどっていくと、まな板よりも大きそうなアオリイカ。ちょっと足は短め、頭は固い。スタッフさんはちょっと親近感があるようで、うれしそう。

赤い魚はホウボウさんです。羽が生えているように見えるのはアゴ。トビウオさんです。干してお出汁をとると、ムッチャ美味しいアレです。

こちらの堤防では、シロウトから達人まで、各種アングラーが釣果を楽しみます。

今日は、珍しく消防車と救急車が来ていました。

海の近くの消防車はゴムボートなども搭載しているので、火事とは限りません。
どちらにせよ、大事に至らなかったようで、良かったです。


会場では、いそべえ と あおみちゃん が来ていたようですが、鑑定中でまったく気づかず。

二人の登場で会場はとても明るくなります。
さすが、金運の黄色ですね。

先月が雨で中止となり、久しぶりの出店ですが、何故か今日は差し入れが多い一日となりました。

スタッフさんも、何ヶ月ぶりかで登場です。

風は想定内で、今日は何種類かRUNE の石を準備しておりました。

恋愛系、仕事全般、金運系、清算する系…。
それぞれのテーマにふさわしい石を選んで、さらに一つのRUNE を引きます。

何か、ヒントになれば幸いです。


風が強い日は、空も一掃されて、清々しい青空にOISO 灯台の白さが際立ちます。

文字の下に、アオバトがいることをご存知でしたか?

アオバトの写真を見ると、一羽ではなく集団行動をしているようですが自分たちが希少種のために助け合うことを知っているかのようです。


こよみ

企業のイベント

tokinokoyomi 企業イベント 朱鷺乃暦5月15日(水)
とある企業さんで、手相イベントを開催致しました。

内容によっては、タロットカードも。

いつも、大磯市などではお待ちいただくことも多いのですが、
こういうイベントでは、お茶とお菓子付きでお待ちいただき、時間ピッタリから鑑定が始まります。
鑑定時間も、ゆったりめです。

平日に行われますので、ご都合が合えば、鑑定料もかかりませんので、お得だと思います。

不定期開催ですが、1ヶ月前頃からご案内させていただいております。

春休み 小田原コロナワールド

tokinokoyomi コロナワールド 朱鷺乃暦2018.3.25

Korona World

春休みになって、初めての日曜日でしょうか。

お給料日後ということもあってか、たくさんの親子連れのお客様で賑わいました。

エントランス・ホールでは、様々な歌声や、
素晴らしい演奏が、
大勢の人たちの五感に感動を送り込みます。

tokinokoyomi コロナワールド 朱鷺乃暦ブースの背後には、日帰り温泉があります。

会場の入り口にはキッチンカーがあったり、

なかなか珍しい動物を連れていらっしゃるブース、
しかも、触らせていただくこともできたようで、

たくさんの子どもたちに囲まれていたようです。

tokinokoyomi コロナワールド 朱鷺乃暦オープニングの前、
tokinokoyomi コロナワールド 朱鷺乃暦お風呂に向かっていく、大勢のお年寄りあり。

こりゃあ、ちょっとずらして行った方が良いかな?
それをカードに尋ねてみました。

3枚引きましたが、
いずれのカードも 快適だと答えてきました。

tokinokoyomi コロナワールド 朱鷺乃暦もう一つ、
今日のお客様のタイプは?という質問。

法王様が出てきましたので、心優しい方が多いかな?

その答えは、鑑定の様子の表情などからご判断下さい。

tokinokoyomi コロナワールド 朱鷺乃暦
子どもの手相は、環境が変わる時などに変わっていきます。

変わらない線も、もちろんありますが、運命線や知能線などは、
強さも、分岐も、いつの間にか、変わってしまっていたりします。

tokinokoyomi コロナワールド 朱鷺乃暦

イベントでは、思いがけない手相鑑定に、興味津々の人、全く興味がない人など、
いろんな方々にご縁ができました。

いったい、何歳くらいまで 覚えているの だろうか?とも思いますが、

何気なく言ったアドバイスが、大人になってからも忘れない、という話も よく聞かれます。

tokinokoyomi コロナワールド 朱鷺乃暦それだけ、
全くの他人から言われたひと言が、

人生の長い期間、些細かも知れないですけど、その人の人生に関わっているかも知れない なんて、

人と人とのご縁、というものの大切さがあるように思います。


こよみ


桜は 咲いたかな?

tokinokoyomi サクラサク 朱鷺乃暦暮し楽しむママまつり

2018.3.23 小田原フレスポ

新学期を目前に、今までずっと練習してきたことなども、みなさんに見ていただける時でもあります。

tokinokoyomi サクラサク 朱鷺乃暦春休みのママまつりでは、可愛い~天使たちの衣装も楽しみなステージ、

心がなごむ 歌声、フラの手招きにも しばし 現実からの逃避が起こります。

小田原は、昼から雨の予報でしたが、見るたびに、
傘のマークは 午後になったり、夜になったり…。

うれしいんだけと、アト出しジャンケンみたいです~!

外では 桜も一斉に咲き始めたようで、何かを啄ばむヒヨドリさんも 忙しそうで、

tokinokoyomi サクラサク 朱鷺乃暦スマートフォンのカメラなど、構っちゃいられないっていう感じでした。

ヒヨドリさんたちも、そろそろ 巣づくりとか、
新生活に向けた計画があるのでしょう。


小田原は歴史のある町ですが、自然も豊かで、
前に大海、背後に山を抱え、木の文化も盛んな地域です。

tokinokoyomi サクラサク 朱鷺乃暦以前、森のママまつりでは、
大きなご神木が登場して、

森の 奥の深さも 見せつけられたものでした。

木でできた、お砂場遊びは、樹木の香りもすばらしく、

ゾウさんの木琴も響きが素朴なのですが、またそれがランダム打ちの 子ども演奏には合っているのです。

tokinokoyomi サクラサク 朱鷺乃暦今日のイベントについて、朝一番のタロットでは、
カードから ゆっくり鑑定 を提案されましたので、

お一人 おひとりの 時間は長め。

訊きたい放題 の鑑定としてみました。


ただ、ステージの音量がMAX の時には、鑑定の声が負けてしまいます。
該当されたお客様、申し訳ありませんでした。

平日の鑑定ということもあり、
お休みの日に家族連れで賑わうイベントとは、また違ったご相談が出てきます。

ご家族についてのご相談が多いのも、小田原という、「 家 」 を大切にしている文化を感じます。

鑑定の風景の画像を、主催者様からいただきました。

いつも 主催者様は温かいお人柄が感じられる方で、
いつも いつも お世話になりっ放しです。

本当にありがとうございました。

こよみ

春暁

誰が言ったか? 春眠暁を覚えずなどという、素晴らしいぐうたら寝坊スケの言い訳がありますが、
先月 休んで久しぶり感あふれる 大磯市、せっかく晴れたので、

あけ とやらを、私も撮ってみたかったのですが、

ウトウトと春の陽気、桜もちのようにあたたかく包まれた朝を、たっぷり 満喫してしまい、あけぼののシーンなど、とっくに終わっていました。


日本では、3月の年度末は、ご家庭でも、社会でも、大きな節目となり、
人も動きますし、住まいも変わったり、進学により行動も変わったりします。

なので、心の中も そわそわ? わくわく? ドキドキ? 

そんな気持ちを アゲアゲ にしてくれるのは、春の気候ですね。
桜もいい演出を してくれます。

いつの間にか膨らんだつぼみがはじけると、西の方から 開花の様子が流れてきます。短い花の命なのに、何故 そんなに咲き急ぐのか? 競い合うのか?

そして、春分の日も間近ですから、太陽が朝を告げるのも、どんどん早くなっているのが感じられます。
tokinokoyomi 春暁 大磯市 朱鷺乃暦
感じられない人は、このウトウトを 満喫 してますね~?

そして、「 何で 目覚まし 鳴らないんだよぉ~! もぉ‐!」 とか、
「 きっと この布団には、睡眠薬が仕込まれている。 」 な~んて 言ってませんか?

夢の中から 引きずり出されると、今度は、花粉まみれの現実です。
くしゃみ、鼻水、鼻づまり…。 ウルウル涙目で、大磯市に いざ、出発です。

不思議と、鑑定中は花粉に困らないのです。集中力って、すごいなぁ~!と実感。
サッカーの試合とかで、くしゃみしている人など、見かけませんよね?
刑事さんも、張り込み中は無いと思います。見た事ないけど。

ブログ書いてると、ボロボロ涙目+鼻水、時々くしゃみ…。
集中していない証拠です。

3月は、朱鷺乃暦、大磯市のデビュー月です。これで6年目に突入しました。

四柱推命はさらに遡るので、もう、ひと昔前からやってたってことですね。
人生の100年を見ていくスタイルは、10年になります。

手相の イベント出店 が無かったら、四柱推命も ただの学び で終わっていたのかもしれません。

今日も、たくさんの方に来ていただいて、本当にうれしく思います。
離席できず、写真は1枚も撮れませんでした。残念~。

【 大磯市の公式 】
寒いと並ばず、終わった頃に突然人が現れる。
暖かいと後ろで待つ傾向。時々行列や人だまりができている。いつの間にか合流する友で増えている。

後ろに待ち人がいないと、お話も ゆっくりめ になるので、待ってる方が良いかも。

************************
4月、花粉さえなければ、良い気候になります。大磯市は の~んびり 楽しんでいって下さい。

こよみ

大磯初市 2018

tokinokoyomi 大磯初市 朱鷺乃暦2018 年 初めての大磯市は、
天候に恵まれ、陽も当たり、風もなく、雨も雪も降らず…。

でも、寒かったですね~。今までのイベントの中で、最もポケットカイロを持っていっていただいた日だと思います。

予報では 暖かい一日、との事だったのですが、思ったほど気温が上がらなかった、ということです。暖かいと思ったのに寒いと、覚悟ができていません。

季節の変わり目には 気をつけて。よく言われることです。
そんな気のゆるみに寒風が入り込むと、風邪をひいたりします。

方位や四柱推命などの五行の占いでは、季節の変わり目を土用と言いますが、
夏土用はウナギを食べることで、多くの方がご存知です。
tokinokoyomi 大磯初市 朱鷺乃暦
冬土用は期間の最後 ( 2/3 ) に豆まきをして、旧暦の新年、立春を迎えます。いわゆる節分です。

まさに、今が冬の土用、季節の変わり目です。

不調だった人も、もしかすると、立春以降の暦になると、運気が変ってくるかもしれませんね。

今回も、たくさんの方に来ていただき、いろんなドラマをお聞かせいただきました。
宿題もできましたので、出来ましたらお伝えをしていきます。

イベント終了間際に、パタパタパタ…と連続して来ていただき、時間が無くて申し訳ありません。また、機会があったらよろしくお願いします。

イベント以外で、個別の対応も致しますので、メールなどでご相談ください。

鑑定結果をお伝えするまでは一切料金は発生いたしませんし、料金をお伝えしてから回答いたしますので、ご安心くださいませ。

私も、もうすぐ 『 丁 』 という、負の金運の年が明けるのを 心待ちにしているところです。

こよみ