朱鷺乃暦  - 四柱推命 手相 タロット
日めくり暦 ~ こよみをめくるとき ~

12月 2013

謹賀新年

 
 あけまして
tokinokoyomi 謹賀新年 朱鷺の暦   おめでとうございます
 
   今年も どうぞよろしく
           お願い申し上げます 
 
 
 昨年、いろいろな記録を樹立した山下公園で、
 2014年を迎えました。
 
 港の船がいっせいに汽笛を鳴らし、
 花火が新年を祝います。
 
 今年も たくさんの感動を作っていきたいと思います。
 
    平成26年   元 旦
 こよみ

『朱鷺の暦(ときのこよみ)』

tokinokoyomi 朱鷺 朱鷺の暦
 
ここ2~3日で、
いい名前ですね、『朱鷺の暦(ときのこよみ)』って…。
そうおっしゃって下さる方が重なりました。
 
年末になり、時間の大切さがよく解る時だからでしょうか。
 
夢判断でも、朱鷺は『時』を意味していて、
『時』は『時間』であり、『瞬間』であり、『季節』でも『時代』でもあります。
ときの人 などとも 言いますね。

四柱推命には出生時刻が必要ですが、出生という瞬間の時間の大切さ、これが自分の決めたスタートラインです。
また、四柱推命では生まれた季節も重要。これはご両親からの贈り物でしょうか。
季節を選ぶのは親、時刻を決定するのは自分だと思っています。
tokinokoyomi 時 朱鷺の暦
 
『時の暦』では夢がないので、朱鷺という文字に代えました。
朱鷺は、絶滅の危機にある魅惑の朱い鳥です。
朱といっても、朱鷺色といわれる繊細な朱色です。
朱鷺の暦(ときのこよみ)』 のテーマカラーにしています。

私の母の誕生日は、時の記念日で、
父は、トキオという名前です。
 
父は とても絵心のある人で、晩年は病院で過ごすことが多かったのですが、リハビリで、何か作品を作る時は 教える人よりも上手くて、いつもお手本になっていたようです。
作品には、『朱鷺夫』と雅号を入れていました。
バランスが面白く、作品に合った、古風でモダン、日本的なステキな名前だと思います。
父の名前は、姓名判断では、苦労が空回りしやすい。
自分でもそれに気付いていたのだろうか?と考えたりもします。家族みんなの病魔を引き受けるかのように、ケガや持病と闘う人生だったと思います。

30年近く遡ることになりますが、父と 自分のルーツを辿って、逢った事もない親戚に便りを出して、新潟まで訪ねて行った事があります。
そこには、懐かしさと、自分が今、こうしている理由がありました。
tokinokoyomi 朱鷺 朱鷺の暦

朱鷺は新潟のシンボルですが、新潟は現在の私に至るまでのルーツでもあります。
この先は、長男と長女が、それぞれの工夫で、伸ばし・拡げていくのでしょう。

人類は、そう簡単に絶滅しないと思いますが、自分自身はいつか終焉が来ます。
どんなに長くても、せいぜい120年です。
100年の行運を見て、チャンスを追っていますと、一生はあっという間です。

一瞬一瞬を、大事にしていきましょう。
こよみ
 

鑑定納め 品川インターシティ

tokinokoyomi 品川インターシティ 朱鷺の暦
12月29日(日)ようやく出展場所が取れた、品川インターシティです。
冬はの屋内のブースの確保は、激戦となります。(笑)
 
国際色豊かな人たちが集まる、このフリマ会場ですが、それぞれの故郷に帰られる方々も多いことでしょう。
 
今日は、いろいろな国の言葉で会話をしている人達が行き交うイベントでした。
tokinokoyomi 鑑定納め 朱鷺の暦
 
たくさんの物が並ぶフリマの中で、「手相」と書かれた閑散としたブースに首をかしげる様子もあり、Hand Reading と説明すると理解されたようです。
 
tokinokoyomi 鑑定納め 朱鷺の暦
この出展にて、朱鷺の暦(ときのこよみ)』 は、2013年の Hand Reading (手相鑑定)は、ほぼ完了です。
今年は、無料鑑定のお子様を含めて、1000人をはるかに超える方々の手のひらを拝見することが出来ました。
両手を拝見していますので、2000以上の情報、ということになります。
tokinokoyomi 子平 朱鷺の暦
 
そして今日は、なんとラスト3名が四柱推命のご依頼でした。
1人はリピーターの方ですが、1人が「四柱推命」とおっしゃると、「私も四柱推命!」といった具合です。
年末なので、少しは期待をしておりましたが、(笑)
この現象が、向かえる2014年の方向性を示しているような気がしました。
(たぶん、過剰な期待だと思いますけど…。)
tokinokoyomi 陰陽 朱鷺の暦
 
2014年は、甲 午(きのえ うま)
私にとって、非常に大事な1年になるはずです。
 
四柱推命によって、これから進んでいく方向性を知ることで、その準備が出来ることが、この占術の良いところです。今年は、それが出来た1年だったと思います。
どんな占いでも、「当たる」 「当たらない」ではなく、「どう活かしていくか?」 「どう解決していくか?」が、はるかに重要なことです。
 
こよみ
 

2013年 大磯市の千秋楽 

tokinokoyomi 大磯市千秋楽 朱鷺の暦
 
 
tokinokoyomi 大磯市 新種のタロット? 朱鷺の暦
 
 
 
 
 
 
朱鷺の暦 (ときのこよみ)』 は、大磯市とともに2013年を過してきました。
今日はその締めくくりの一日です。
 
tokinokoyomi 大磯市千秋楽 朱鷺の暦
陽が当たると、ぽかぽかと暖かく、今日もたくさんの方がお見えになり、ご一緒の方には、見覚えのある方もいらしゃって、口コミのご紹介をいただいていることが判ります。
tokinokoyomi 大磯市千秋楽 朱鷺の暦うれしいですねぇ~。
 
また、「これを聞きたい!」と、訪れてくださる方もあり、繰り返し同じ場所に出ている効果もあると思います。
 
tokinokoyomi 大磯市千秋楽 朱鷺の暦
今回は、四柱推命と方位など、解決に向けてお時間をいただいてお伝えすることになりました。
 
大磯市は訪問数が多いので、四柱推命の準備をしておらず、簡単なところまでのお伝えです。
 
多くのエスニック・ランチに支えられ、2013年最後の大磯市は終了いたしました。
 
tokinokoyomi 大磯市千秋楽 朱鷺の暦
 
暑~い日もありました。
tokinokoyomi 大磯市千秋楽 朱鷺の暦炎天下の中、じっと座ってくれるだろうか?と心配もしました。
 
寒~い朝もありました。
ポケットの手を、どうやって引っ張り出そうか?と考えました。
 
どしゃ降りの日もありました。
でも、中止の日より楽しかったのはナゼ?
 
tokinokoyomi 大磯市千秋楽 朱鷺の暦今になって思えば、すべて、解決してくれたのは 『情熱』 だったかもしれません。
 
よい時ばかりが続かないから、立ち止まって考える。
これが発展の素になるのだと思っています。
 
そして、ご来場のみなさまのご声援です。本当にありがとうございました。
 
朱鷺の暦 (ときのこよみ)』 は、Hand Reading (手相鑑定)に、他の魅力を加えて、大磯市の出展を続けます。
 
これからも よろしくお願いいたします。
 
 

森のママまつり in 品川

天候にも恵まれた本日、森のママまつりが開催されました。軽快な木琴の音がクリスマス・メロディを奏でる中で、朱鷺の暦 (ときのこよみ)』 Hand Reading (手相鑑定)が進んでいきます。
 
木は、何か、ホッとする暖かさが伝わってきます。
 
四柱推命などでおなじみの五行(木・火・土・金・水)の中で、唯一、生命を持つエレメントですが、この素材には独特の効果もあり、加工のしやすさから、多くの文化を生み出してきました。
 
今日は、下に向かう知能線の方も多く、木を好きな方は、美しさへの追求とか、情緒の面が研ぎ澄まされるのかな…?などと思えた一日でした。
 
会場では、木製のいすやテーブルも設置されて、多くの体験コーナーやサンプルのお土産など、楽しい企画がいっぱいで、みなさん、たくさんのお荷物が出来ていたようです。
今回は、男のお子さんが多かったのも、大きな特徴だと思います。
 
子どもさんの手相から、子育てのヒントになれば幸いです。
こよみ
 
 

むじゃきパーク 立川まんが市

tokinokoyomi 立川子ども未来センター まんがパーク 朱鷺の暦暦(カレンダー)も最後の一枚になった本日、
立川子ども未来センター まんがパーク市
が開催されました。
天候にも恵まれ、風もなく、暖かい公園日和となりました。
 
今日も、いつものパフォーマンスに加えて、移動動物園あり、クリスマス・ブーツ作り、お餅つき、キッズ・フリマと、楽しいイベントが目白押し。
いつも、ステキな企画をありがとうございます。
 
お餅つきは、子どもたちが交代でお餅をつき、できたてを振舞われています。
 
キッズ・フリマ・ゾーンには大人が入れないルールで、売るのも子どもなら、買うのも子どもです。
tokinokoyomi 立川子ども未来センター まんがパーク 朱鷺の暦今回のイベントの目玉、移動動物園では、うさぎ、モルモット、あひる、ヤギ、にわとり、ひよこ…。
tokinokoyomi 立川子ども未来センター まんがパーク 朱鷺の暦
 
たくさんの動物がやって来て、子どもたちは自由に触れ合うことが出来ます。
tokinokoyomi 立川子ども未来センター まんがパーク 朱鷺の暦
 
ひとりで3羽のにわとりを抱えていた子も いたようです。
tokinokoyomi 立川子ども未来センター まんがパーク 朱鷺の暦
 
私は、両手にあひるを抱えてみたかったなぁ…。
 
ステージでは、
ひとりで、なんと10種類もの楽器を 同時に演奏するミュージシャンの周りを、子どもたちが夢中~になってグルグルとまわり始めます。そして、その指令でパッ!と向きを変えたり、走ったり。トークも楽しく、童心に帰る、という感じです。
子どもたちは、何の打合せもしないのに、集団行動が出来ちゃうんですね。
 
tokinokoyomi 立川子ども未来センター まんがパーク 朱鷺の暦
朱鷺の暦 (ときのこよみ)』 も、このイベントでリピート効果が出てきているように思います。
「いつも、ここに来ているんですか~?」という質問を、今日は何回となく頂戴いたしました。
 
いつも 「また来よう!」という気持ちで帰れる、楽しいイベントです。
 
Hand Reading (手相鑑定)を受けられたみなさま、また見かけたら、どうぞお声を掛けて下さいね。
聞きもれていた事などがあれば、どうぞ遠慮なくお尋ねくださいませ。
 
こよみ