朱鷺乃暦  - 四柱推命 手相 タロット
日めくり暦 ~ こよみをめくるとき ~

森のママまつり in 小田原

tokinokoyomi HaRuNe小田原 森のママまつり 朱鷺の暦森のママまつり      2014.12.7(日)
HaRuNe 小田原      10:00~16:00

とても寒い朝でしたが、駅地下の HaRuNe 小田原 は、そんなこともすっかり忘れた、木のぬくもりのイベント会場です。

tokinokoyomi HaRuNe小田原 森のママまつり 朱鷺の暦森のママまつり の開会セレモニーでは、小田原市の市長さんも見えられていました。

HaRuNe 小田原は、今年の11月1日にリニューアルした、小田原駅の地下街です。

tokinokoyomi HaRuNe小田原 森のママまつり 朱鷺の暦ここには、小田原の美味しいもの、智恵と工夫、文化、歴史などが、たくさん集まっています。
そして、小田原の産業のひとつでもある木を、出来るだけ多く、この地下街の構造に使っているとのことでした。

tokinokoyomi HaRuNe小田原 森のママまつり 朱鷺の暦名物? HaRuNe の壁 「壁屋総本舗」は、カミイチの出展者にも御用達の、奥行き20cmの見本市です。

tokinokoyomi HaRuNe小田原 森のママまつり 朱鷺の暦

森のママまつりは、たくさんの参加型ブースもあり、
 HaRuNe 広場、うめまる広場と、2ヶ所でステージを設け、五感が楽しめるイベントとなっています。

 朱鷺の暦 (ときのこよみ)』 にも、たくさんの親子、三世代のお客さまが見えられました。

tokinokoyomi HaRuNe小田原 森のママまつり 朱鷺の暦いちばん端のブースで、なかなか良い場所をいただきましたが、見上げると吹き抜け。

ここが地下であることを忘れるほど明るい広場なので、吹き抜けが屋上を思わせるほどですが、実は地上階です。

tokinokoyomi HaRuNe小田原 森のママまつり 朱鷺の暦屋内だからと、ちょっと油断ましたね。出展者もお客様も、みんなコート姿です。

それでも みなさん、元気に両手を出してくださいます。

小田原に多い 「忙しい生命線」 を、今日も たくさん 拝見させていただきました。

tokinokoyomi HaRuNe小田原 森のママまつり 朱鷺の暦

そして、 「身内にご縁の深い運命線」 も、特徴的です。

小田原の町は、古い建物を大切に使っているお店も多く、商店街も、代々続いているのが、「何故だろう?」 と思わせるほどの勢いがあります。

tokinokoyomi HaRuNe小田原 森のママまつり 朱鷺の暦もちろん、地の利ということもあるでしょう。
その陰には、相互扶助のような精神、縦の繋がりと横の広がりを大切にしてきた結果だと思います。

親を頼ることで横の広がりは、自分の横の広がりと合わせて二段になります。

tokinokoyomi HaRuNe小田原 森のママまつり 朱鷺の暦その感謝は、子供へ何かをしてあげることで、さらに横広がりは三段になっていきます。

こうして、縦の繋がりを大事にしてきたことが、街の人間関係を、組み木細工のようにたくさんの接点を作ることで 守ってきたと思いました。

tokinokoyomi HaRuNe小田原 森のママまつり 朱鷺の暦
今の世の中は、親は必要な時だけでいいような時代です。

だから、人脈も薄っぺらだったりするのかもしれません。


こよみ


森のママまつり in 小田原に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment