朱鷺乃暦  - 四柱推命 手相 タロット
日めくり暦 ~ こよみをめくるとき ~

マルセイユ版 タロット・デッキ

tokinokoyomi 昭和40年代 朱鷺乃暦マルセイユ版 タロット・デッキ、元気になりました。
カードもこんな感じのメッセージ。

軽~~く 一回目のコーティング を終えた時、まだまだ 滑りはぎこちないな~、という感じが しました。
それでも だいぶ 滑るようになったんですけどね~。

tokinokoyomi 昭和40年代 朱鷺乃暦その時に、カードの気持ちを 聞いてみましたら、悪魔のカードが 出てきていました。私も ダメと思っているんだから、当然ですよね。
今日は、時間を取って 二度目の工程へ。

出てきた時の状態は、シャッフルすると、紙やすりのような 摩擦を感じたほどです。

そのままリーディングを続けたら、せっかく 綺麗な状態で見つかったのに、カード同士の摩擦で、ボロボロになってしまいそうでした。

さすがに 昭和40年代まで 遡ると、その期間は長い!
チリも積もれば、カードは サンドペーパーです。

当時は中学生。
フランス語なんか、わかりません。辞書もないし、ネット検索もありません。

tokinokoyomi 昭和40年代 朱鷺乃暦人類が月に到達したのも、この頃です。
考えてみると、アポロチョコ、なかなか ロングセラーですね。

星新一の ショートショート、小松左京の 日本沈没、筒井康隆の 時をかける少女 などを読んでいました。

神秘的なものが、いろいろな分野で浸透していった時代です。

今思うと、その数年前くらいに、四柱推命も大きくかわっていたようです。
「四柱推命は、当たるよ。」 と言われるのに、サッパリ 当たる気がしない。

今ならその理由がわかります。

いなかの 町の本屋さんで、中学生でも買える本に、そんな大事なことは 載せてはいない、ということでしょう。
tokinokoyomi 昭和40年代 朱鷺乃暦
革命的な変化 の前の、古い内容だからです。

手相本も、見やすく 解かりやすいものが出始めます。

さそり座の女がヒットしたのは、西洋占星術が 「星占い」 として浸透していたからでしょう。

友人の弟が スプーンを曲げることができて、母親から スプーン曲げ禁止令 が出ていました。

曲がった部分は、なぜか 磁気を帯びていて、クリップなどが くっつきました。
不思議なことに どんどん惹かれていきます。

tokinokoyomi 昭和40年代 朱鷺乃暦

手相を教えて下さった先生は、他の占いがヒットすると、連れて本が売れるのだとおっしゃってました。
実際、六★★術のブームが起きた時も、全く関係ない手相の本が売れたと。

昭和40年代にも、同じような現象があったのかも知れません。
洋の東西を問わず、いろんな占いが 相乗効果で 広まっていったのでしょうか。

tokinokoyomi 昭和40年代 朱鷺乃暦このタロットカードを手に入れ、大切にしてた記憶 がありますが、
どうやって手に入れたのか? は、全く 覚えていないのです。

たまたま お店で見掛けた、なんて可能性はないでしょう。
その頃 住んでいたのは、なかなかのイナカですから。

ネット通販なんて、当時の中学生には考えられない時代です。

はて…。

こよみ

マルセイユ版 タロット・デッキに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment