朱鷺乃暦  - 四柱推命 手相 タロット
日めくり暦 ~ こよみをめくるとき ~

スタッフさん、入院

秋になると入院する スタッフさんですが、今年もまた、今日、入院致しました。

入院する前は、せっせと症状を検索していました。
こんな手術がある、とわかると、

今度は手術を受けた人の、その後の報告を…。

とある方は、「 いたい、イタイ、痛い、痛い、痛、痛、痛、痛… 」 と、画面いっぱいに 書いておられました。
tokinokoyomi スタッフさん、痛、痛、痛 朱鷺乃暦

「 え゛ーーーーーっ! 痛そう……。」

「 石、引いてみる?」

tokinokoyomi スタッフさん、痛、痛、痛 朱鷺乃暦

えぇぇ~ぇ…。何で そんなの 引いちゃうの…。

「 忍耐 」 「 安穏としていられない 」 「 危機が迫っている 」 …。


でも、これは、「 防御のルーン 」 だし、「 再生 」 をも意味するので、我慢さえしていれば、新たな可能性が 実現しそうなんだから、頑張って!

「もっと早く、手術をすれば良かったじゃん。」 と言いましたら、以前はこの手術が行われていなかった のだそうです。

医学の進歩は、まさに、「 時代の運 」 を感じますよね。

tokinokoyomi スタッフさん、痛、痛、痛 朱鷺乃暦突然亡くなられた方の 病名を聞きますと、「 脳溢血 」 なんて時代がありましたが、

今、脳疾患は、死因の トップ 3 から消えました。

不治の病と、誰もが思っていた 「 ガン 」 や 「 C型肝炎 」 。
tokinokoyomi スタッフさん、痛、痛、痛 朱鷺乃暦
今の時代に罹患した人は、不幸 かもしれないけど ラッキーです。
数十年前だったら、治療法が無かったのですから…。


こよみ


スタッフさん、入院に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment