朱鷺乃暦  - 四柱推命 手相 タロット
日めくり暦 ~ こよみをめくるとき ~

この冬いちばんの寒い市

tokinokoyomi 2017大磯初市 朱鷺乃暦今年初の大磯市は、予報通りの寒い朝です。

その分 空気は澄みきり、空は青く、海はキラキラと輝き、三浦半島は、冬ならではの 蜃気楼モドキの現象で、浮き島のように見えていました。

早くからお見えになったお客さまの手は、温かい汁物を持っていました。

手相ブースでは、手袋も取らなければならないし、早朝は、なかなか キビシイ感じが しています。
それは想定内のことなので、ぶらり、大磯市をお散歩しました。

どのお店も、身体の中から温まりそうなものを用意していて、視界にも、嗅覚にも 容赦なく 誘いかけてきます。

「 つまみが欲しいの? おなかいっぱいにしたいの?」

tokinokoyomi 2017大磯初市 朱鷺乃暦なんて商売上手なんでしょう!
この判り易さ、声を掛けていく社交性。コレが金運のミナモトなんです。

ついつい、お財布が ゆるんじゃいます。
買えば おいしいということは 判っていますから。

昨日のタロット占いでは、
寒さはきびしいけれど、イベント自体は悪くない。
後半は途切れなくお客様がお見えになり、まさにその通りとなりました。

tokinokoyomi 2017大磯初市 朱鷺乃暦何件か、じっくり鑑定といえる案件にも接しました。

そして、オマケという位置づけの RUNE の文字のアドバイスですが、かなり的を射ています。

なにか、ヒントになれば 幸いです。


今年は、丁酉年。
今まで、風景の一部として、何気なく見ていた鳥たちにも、意識が行きます。

tokinokoyomi 2017大磯初市 朱鷺乃暦tokinokoyomi 2017大磯初市 朱鷺乃暦





tokinokoyomi 2017大磯初市 朱鷺乃暦
何の合図もないのに、魅せる集団行動。
かと思えば、気ままにはぐれ鳥…。

水に游ぶ鳥もいれば、
水なんかマッピラだね!という仲間もいます。


でも、よーく考えてみると、実は 私たち人間は、鳥に空から見られているのです。カーナビの鳥瞰図のように…。

そして、どちらのミカタもせず、風見鶏として、成り行きを客観視しているのです。

こよみ

この冬いちばんの寒い市に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment