朱鷺乃暦  - 四柱推命 手相 タロット
日めくり暦 ~ こよみをめくるとき ~

まもなく、節分

tokinokoyomi 新年 朱鷺乃暦一年の始まりは、元旦なのですが、今の暮らしの中では、新暦というか、日常で使っているカレンダーの1月1日です。

昨日の1月28日は、旧暦の1月1日で、春節です。

2月4日は立春で、新しい一年の始まりです。

もう、何が何だか解からなくなってしまいますが、
近頃は バレンタイン・デーのチョコレートに 倣うかのように、立春の前日(春節分)には、恵方巻が予約であふれます。


tokinokoyomi 新年 朱鷺乃暦そんな中、とある用事があって、藤沢市役所に行きました。
アポの時間まで15分ほどあったので、ぷらぷら 歩いていましたら、太陽生命保険の広告板に 「 元気 」 という文字がありました。

あれ~、この字は確か…、

tokinokoyomi 新年 朱鷺乃暦
隣には セブンイレブンがあって、恵方巻ののぼりが誘っています。
お店に入って、恵方巻のパンフレットをいただいてきました。

ロールケーキまで便乗していて…。巻いてあれば、何でも福が来るのでしょうか…。まぁ、商売ですから、知恵と工夫ですね。

この 「 恵方巻 」 の題字…、これも…。

tokinokoyomi 新年 朱鷺乃暦市役所に行きましたら、神奈川県の広報がありまして、
そこには 「 ともに生きる 」 。

これを書いた人は、金澤翔子さんという、お若い方で、健康面にハンデをお持ちの方です。

すごいな~、才能だね~、と思っていたのですが、

はがき大の紙に、般若心経の文字を ひとつずつ 書いた、巨大作品があるのですが、所々にシミのようなものがあるのだそうです。それは、この翔子さんの涙…。

才能がある人にも、計り知れない努力があるのです。

これを、節分の日に書こうと思ったのですが、
それでは街に出てものぼりが片付けられてしまうので、一足先に載せてみました。
今なら、セブンイレブンの店先には、元気いっぱいの 「 恵方巻 」 を見ることができます。


tokinokoyomi 新年 朱鷺乃暦
今日は、ちょっと 閃いて、
「 桜餅しるこ 」 というおやつを作りました。

私は、桜の葉のちょっと塩味が大好きなのですが、桜餅のあんこが苦手なのです。

桜葉の塩漬けは作るものの、
なかなか その出番がありませんでした。

わたし用に、お湯を増量でお薄のおしるこにしたら、これは「 いいね!お餅は湯煎でチン! 楽々 Cooking です。

葉が塩分を持っているので、相性がいいのです。
そのため、お汁粉本体への塩は、無くてもいいかも知れません。

手作りの桜葉の塩漬け、とても簡単ですので、ジッパー付きのビニール袋などを使って、ぜひ お試しください。

これも、今載せるのは、桜の葉を準備するのが、桜の花が散る頃だからです。
その時期を逃したら、さらに一年先になってしまいます。

花をなごり惜しんだら、すぐに気分を変えて、柔らかそうな葉を選んでくださいね。

こよみ


まもなく、節分に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment