朱鷺乃暦  - 四柱推命 手相 タロット
日めくり暦 ~ こよみをめくるとき ~

2月 2017

春風の大磯市

tokinokoyomi 青空市 大磯市 朱鷺乃暦 
先日 春一番が吹いて、次第に暖まる陽差しに、春を感じられるこの頃です。

早朝も、キビシイ寒さではなく、カモメやトンビが楽しそうに空を游いでいます。

大磯市へ来る時には、江ノ島が浮かんで見える、蜃気楼現象が楽しめます。

丁酉年、最初の大磯市は、ポカポカと暖かい一日になりました。


tokinokoyomi 青空市 大磯市 朱鷺乃暦 ただ、風は強い。

タロットは事故のモト、無理と判断致しました。

もちろん、手相は、風に影響されることはありませんが


tokinokoyomi RUNE 大磯市 朱鷺乃暦 こんな時に活躍してくれるのは、大磯市スペシャルにもなっている、RUNE の小石たち。本当に不思議な、魔法の小石です。

写真は、今日、登場してきてくれた、実際の小石たち。
引いた人は、見覚えがありますね?

tokinokoyomi 青空市 大磯市 朱鷺乃暦 印象的だったのが、ダイスカップを表わしている、PEORTH 。

ダイス ( サイコロ ) に象徴されるのはギャンブルで、答えは 「 わからない 」 というのが 答えになるのですが、
挑戦するだけの価値はある、と教えてくれています。

そしてその石は、試験とか 競技とか、そのメッセージが ピッタリの人たち ( 複数いらっしゃる ) に届きました。

最後まで、油断をさせないアドバイスは、さすがです。

tokinokoyomi 青空市 大磯市 朱鷺乃暦 
もう1つは、英語の NEED に当たる、NIED 。

何かが 欠けているとか、揃っていないとかの意味を持ちます。

たいていの人は 何だろう?という顔をします。

解かっていたら 欠けていないでしょうから、
当たり前ですね。

tokinokoyomi 青空市 大磯市 朱鷺乃暦 

意外にも、愛車の故障など、まったく 想像できないことだったりするのかもしれません。

即決・即答をする前に、もう一度 その回答を見直してみましょう、というメッセージでもあります。

RUNE のアドバイスは、3ヶ月 から 半年程度 の期間に対するものです。

行くな!と言っているのではなく、再確認のきっかけだったり、時期をずらせ、というメッセージだったりするのかもしれません。

tokinokoyomi 青空市 大磯市 朱鷺乃暦 近頃、とある書遊びのテーマで 描いた ひらがなの 「 ふ 」 の文字なのですが、

文字が朱鷺 になって 青空に翔く というイメージのロゴです。

tokinokoyomi ふたば書道会 書遊び 朱鷺乃暦 
ボツ案なのですが 結構 お気に入り。


その ひらがなの 「 ふ 」 の文字が、飛んで行ってしまったのか?と思わせるような 澄み切った青空が、一日中続いていました。


こよみ


追 伸

お問合せは、鑑定をする・しないに関わらず、お気軽に ご相談ください。
鑑定料金などをお伝えし、ご了承頂いたら、鑑定内容をお伝えしたいと思います。


蒼鷺かな…。

tokinokoyomi 朱鷺のテレカ 朱鷺乃暦今日は、駐車場から本線道路へ入ろうとしてる車を入れてあげましたら、
その車の後部のガラス窓に、「 朱鷺 」 の文字のワッペンが貼ってありました。

走行していたので、よく解らなかったのですが、何ともうれしい偶然でした。


tokinokoyomi 蒼鷺 朱鷺乃暦そのあと、とある駐車場に行きましたら、何と!
野良…、じゃなくて、野生の蒼鷺だと思います。

ちょっと距離があって、保護色して目立たない所を選ぶようで、
ピントを合わせるのに、どこを向いてるのか、サッパリわかりません。

私の、スマホ撮影の限界を感じました。
この分じゃあ、スクープ写真は無理ですね。

サギ独特の S字の長い首、
ブリみたいな アイライン、
思った以上に青かったボディ。

サギは水辺、梅にはうぐいす、そんな常識は、仮想現実です。

tokinokoyomi 蒼鷺 朱鷺乃暦飛んできた時も、頭上の物影に
 「 えっ! 何~? なんで~?」
っていう感じでした。

写真は車内から撮っていますが、もうちょっと アップが撮りたかったのですが、

車のドアの音と、カメラの視線に危機を感じたようで、

この写真の、レンガの外壁と、白い外壁の間から、去って行きました。

飛び去っていく時も、翼を広げるので、かなりの大きさです。

ちなみに 環境は、白旗神社や遊行寺といった、歴史に守られてきた 緑地も近いところです。

こよみ