朱鷺乃暦  - 四柱推命 手相 タロット
日めくり暦 ~ こよみをめくるとき ~

ブログ、不調

ブログ、不調で書き込むことができません。

ご迷惑をおかけしておりますが、よろしくお願い致します。

方位のこと

町には恵方巻の旗が手招きし始めています。
旧暦のお正月でもある、立春が近づいている、ということですね。

そして、新しい元号のうわさも過熱し始め、今年のGWは10連休!という方も多いことと思います。

そうなると、新しい年の方位が気になり始める頃でもあります。
どうせ行くなら、良い方角の気を取り入れたいものです。

どうでもいいと思っている人にとっては、まったくどうでもいいことです。
それは、占いというもの全てが、そういうものだと思います。

たとえば、下駄の鼻緒が切れたからといって、悪いことの予兆…、などというのは映画とかドラマの演出に過ぎないことですかねぇ~。

昔の人は、慌てている人は視野が狭くなっているから、用心してね、と言っていたのだと思います。
長く言い伝えられている言葉には、何か、思いがあると感じます。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

話は戻りまして、いつ行くか?が決まっていたら、旅先の選択。
どこに行きたい!が決まっていたら、時期を選びます。

それを自分がどの九星になっているかで判断していきます。
方位を見るところでは、たいてい生年月日を入力すると答えが出てくる方式です。

一応、資料がなくても出せるので、書いておきたいと思います。
元旦から節分までの人は、前年で見てください。

立春生まれの人は、生まれた時間が節入り後かどうか?確認してみましょう。  

特にうるう年の場合は節入りの時刻はかなり遅い場合があります。そのズレを調整するために用意された2月29日なのですから。


平成AB・昭和AB年の人はを覚えておく

12-(A+B)

平成元年、2年、10年、11年、20年など、
A+Bが2以下になる人は、さらに9を引いてください。

12-(A+B-9)

昭和39年、48年、49年、昭和57年~59年など、
A+Bが12以上になる人は、こちらです。21から引いてもいいです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
新年号AB年の人は、を覚えておく
 
9-(A+B)

新年号9年、18年、19年など、引けなくなったら、こちらです。

18-(A+B)

西暦20AB年のような、西暦の下二桁でも計算可能ですので、和暦になじまない方も便利です。平成生まれでも、2000年以降の人は使えます。

今までの人は12、これからの人は9と覚えておけば、資料がなくてもわかります。


そして、吉方位は消去法です。万人にとってダメダメな方位を消しました。
次は、自分の方位と、その正反対の方位を消去します。
例えば三碧木星と四緑木星の人は、北も南も外れます。一白水星と六白金星の人は、西東が消えるということです。(ちなみに北が上になります。)


九紫火星

四緑木星
二黒土星

一白水星

八白土星
六白金星
五黄土星
三碧木星
七赤金星 


次は、何月に行くか?です。 親子針の時計の文字盤を、何月と見立てまして、
その正反対の方位を消します。節入り後で考えなくてはいけません。
例えばGWは4月なので、九紫火星が消えます。東京から信州や金沢に行きたい人は、春休みに行くか、6月6日の芒種を待ちましょう。

こうして生き残った方位がすべて良いわけではありません。星には火とか水とか、5つのエレメントがあります。

自分の星にとって、良くない影響を与える星は消えるのですが、
下の図で、となり合わない星は消えてしまいます。

水 ➡ 木 ➡ 火 ➡ 土 ➡ 金 ➡ 水 ➡ 木


さらに、自分と同じ星と、左側の星は◎です。
矢印の矛先の右側の星は△なんですが、それを頭の中に入れておいてください。

まだまだ続きます。土用は土いじりがダメなので、引越しには選ばないでください。

土用には、間日というものがありますので、どうしてもGWに引っ越したい人、夏休みの7月に引っ越したい人、ご主人の異動があって10月末に引っ越す人、節分までに引っ越して新年から新居~と計画を立てている人など、暦を見てくださいね。

本当だったら、ここから先、出発日を選ぶことになるのですが、頭の中はいっぱいでしょう。書いている方も疲れます。
あとは、個別にお答えしたいと思いますので、メールでもください。


最後に、この真ん中(中宮)が八白土星になる月、八白土星になる日が重なると、そのパワーがアップします。
それは、今年の場合、GW明けの5月です。
万人にとって、月破という、月の破れが九紫火星に出ますから、残る方位は、
「東」 「西」 「南」 「北」 になります。

私の住んでいる地域ですと、西はいっぱいありますが、南は伊豆諸島、東は千葉の海岸。北は、群馬とか新潟ですね。誰でも北が北海道、とはなりません。

伊勢神宮を計画していましたので、五黄殺に入る前に行ってきまーす。
ガンになりたくないもんねー。

こよみ

断捨離

このホームページも、だんだん重たくなってしまって、デザイナーさんにお引っ越しをお願いしています。

割り込みの依頼なので、デザイナーさんのご都合次第ではありますが、近いうちにリニューアルすると思います。

本当に必要なものを残しての、断捨離です。

イベント出展の上では、このブログが履歴書かわりですし、今の時代は、お野菜ですら、顔が見えるというだけで信頼という絆が生まれますので、イベントの様子はビジュアルに残したいと思っています。


こよみ

招き猫のお寺

tokinokoyomi 招き猫の寺 朱鷺乃暦世田谷区にある、豪徳寺。

お寺の名前が駅の名前にもなっています。

たどり着いてみると、正門に 「 井伊直弼墓 」 の碑が迎えます。

想像していたよりも大きなお寺で、何やら歴史上の事実がありそうな…。

招き猫に誘われて来たのですが、そんなスゴイところだったんですね…。


tokinokoyomi 招き猫の寺 朱鷺乃暦中学校の頃に学んだ、その歴史上の人物は、社会科オンチの私でも、桜田門外の変という言葉は出てきます。

井伊の苗字の順番が逆になって点をもらえなかったからかもしれません。

ここはお寺ですから、お墓があります。

奥の方には井伊家のお墓が祀られている区画があり、その墓石は、形も独特で 苔生していました。

長い期間に渡って、大切に 大切にされたことが伝わってきます。


tokinokoyomi 招き猫の寺 朱鷺乃暦お寺では、お札やお守り、そして招き猫もお譲りいただくことができます。

その寺務所には、ゆるキャラ発祥とも言われる
 「 ひこにゃん 」 がいました。

ひこにゃんは、何故、白猫なのか?
何故、赤い兜をかぶっているのか?
tokinokoyomi 招き猫の寺 朱鷺乃暦そして、何故、ここにいるのか?

ここに来たら、すべて答えが出てきます。



奥の方に進むと、たくさんの白猫が待っていました。

お気づきでしょうか。
ここの招き猫には、定番とも言える小判がありません。


tokinokoyomi 招き猫の寺 朱鷺乃暦境内には、立派な三重塔。

少し遅い秋の訪れに、紅葉は控え目ですが、
ひっきりなしに参拝者が通過していきます。

三重塔のいちばん下の軒先には、
一面に三枚の彫刻された絵があります。

よく見ると、そこにも白い猫がいます。


四方に三枚なので、十二支では?

そう思ったのは、十二支は 十二方位を表わすのにも よく用いられるからです。

十二支に猫年はありませんから、何の干支に居るのでしょうか?

寅(とら)かな~? ちょっと腑に落ちないけど。
tokinokoyomi 招き猫の寺 朱鷺乃暦
お! 子(ねずみ)の所だ! 猫は、ねずみの所にいる! 
そして、猫の横にいる ねずみが小判をくわえている~~!

他にも猫の姿を探してみてください。双眼鏡があるなら ぜひお持ちなさいませ。

こよみ

極楽の列車旅

たまには方位のお話。


吉方位を狙って旅行する、というのは、なかなか難しいものです。
しかし、凶方位を知って、避けて通るのであれば、かなり選択肢が増えてきます。

例えば、誰にとっても良くない五黄殺。
来年は西南の方角になり、私の住む地域からは、沖縄とか、九州・四国の一部がそれにあたりますので、行先をずらすか、日程をずらします。

朱鷺乃暦 (ときのこよみ)』 では、
来年が ダメなら、今年 行ってしまえ!
ということで、お金もないのに、
永年の願いであった九州の、しかも遠い方へ、開運を祈願する旅に出かけました。

前回の3月は、満月を追いかけるようなフルムーンでしたが、今回は新月の翌日発。
月のない旅です。


吉方位旅行は、大地の気を取り入れる、
ということで、乗り鉄+温泉がテーマ。

たくさんの種類の電車を
見て、写して、乗ってみて。

そうそう、食べることはもちろんです。

両棒餅 = ぢゃんぼもち。

みたらしのようで、蜂蜜のようで、ちょっと無い感じの、
鹿児島スィーツです。

「 指宿のたまて箱 」 という、南国の雰囲気満載の列車で向かうのは、大地の気を全身で受けそうな砂むし温泉。

指宿の混浴露天風呂。青いタオルがスタッフさん。白いタオルが私。
パラソルのちょっと先に太平洋。波うちぎわは、かなり熱いです。

雨の予報だったのに、ご覧の青空。
飛行機もたくさん飛んでいきました。

屋台村も、まもなく終わってしまうのだとか…。

発展の陰には涙があります。

でっかいスペアリブ、食べてきました。


翌日、早朝の「 きりしま」で出掛けます。
夜、ライトアップされていた県庁も、爽やかな朝の顔になっています。

宮崎は、夏の花も露地で頑張れる青島。

台風の時に映し出される
フェニックス通り、あれです。
高鍋は私の故郷にご縁の方がいらっしゃって、

その町と高鍋は姉妹都市になってたようです。

南国と雪国なのに、町のいろんなところに共通点があったり、同じような文化があったりして、どことなく懐かしい感じがしました。

この宮崎には、美味しいものも多く、パワースポットもあります。

日向 と 日陰 を よく理解して、文化を作り上げているように思います。

日向と日陰は、陽と陰。
五行の占いにも深く関係があります。

延岡から高千穂峡に向かうのですが、
近くに干支の町があります。

干支は、数字の代わりに使われる、ということも
むかしはよくありました。住居表示などですね。

今は暦(カレンダー)くらいでしょうか。

朱鷺乃暦 (ときのこよみ)』 という名前に、暦を入れたのも、
四柱推命などの五行の占術をやっていこうという想いで付けたと思います。

暦(生年月日+出生時刻)によって、
その人の一生が決まるみたいなことが、今でも不思議です。

そして、その占術を学んだ恩師の方がこの地の方です。

スタッフさんは、学生時代に バイクで九州を周りましたが、この高千穂峡を逃しています。時間とお金が尽きたのでしょう。

この2つのピースで、パズルは完成されました。

この延岡では地鶏のたたき、高鍋では餃子を、宮崎ではうなぎを食べてきました。
宮崎と言えば、鶏と牛が有名ですが、うなぎ屋さんも多いです。

県庁も近く、時の県知事やスポーツ界の方などのサインが飾ってありました。
そういえば、宮崎キャンプなんて、よく聞いたなぁ…、なんて。


旅の4日目は、6時前からスタートして、
由布院 経由 博多、遅いランチを買い込んで
新大阪からこうのとりで豊岡へ。

湯布院の温泉につかり、

 「ゆふいんの森」
という名の列車で
博多へ。


前回のフルムーン旅では、こうのとりが
なんと!運休。
今回はそのリベンジです。

順調に走っておりましたが、乗車している列車の前、別の列車と動物が追突したらしく、

車内ではシカとのアナウンスが、その後、イノシシと訂正。

状況をこの列車で確認って…、
きっと怖いよね。

イノシシは子煩悩だから、
親イノシシが、ウリンボの仇~!!
なんて走ってきたら、逃げられんよ。

来年の干支が、己亥ということで、
イノシシ年なのですが、
このところ、イノシシの出現が多くなっているのは気のせいでしょうか?

豊岡の町に流れる 大きな川も、たそがれ色に染まっていきます。

今日はこうのとりさん、お留守だね。


朝は 早起きして、こうのとりが傷を癒したという伝説の露天風呂から始まり、秋祭りの山車や 神輿を見ながら、七つの湯めぐりです。


13時から開湯のさとの湯では、

男湯一番札、
女湯一番札をGET!

駅前にあって、たくさん人が待っていたのに。うれしい想定外。
ちなみに、二番札とかはありません。


最終日となる今日は、まったりと、お風呂三昧です。


「 丹後の海 」 という列車、
JRのものでは無さそうですが、
フルムーンのチケットで(一部)乗れます。

車内は、何か大会でもあったのか?たくさんの方が大きな荷物を携えていました。
自転車かな?

その影響なのか、2両編成ではなく、4両編成でした。

福知山では、さらに2両編成の追加で、
何と! 6両全てが運転席付き、という不思議な列車でした。 ダンゴ鉄道??

フルムーンパスは、常に夫婦行動でないとダメなので、

残された人生では、あと何回、
旅に出掛けられるのでしょうか?

こよみ

変な雲

2018年9月27日 15時頃のの雲です。


なんか不思議な感じがして、写真を撮りました。

地震雲とはちょっと違う気がしますけど、台風の影響とか、なのでしょうか。

松の木の向こうは太平洋です。
上空のシマシマも不思議ですが、海面にも蜃気楼のような雲?霧?霞?になっていて、浮島のような見え方でした。
ちょっと見づらいですが。

台風24号は、徐々に沖縄に接近しているようで、このあと九州に向かってくるとの情報が出ています。

その後は既にダメージを受けた広島・岡山へと、また進むのでしょうか。


神奈川県は、近隣の都県とともに、地震保険を含む火災保険が毎年のように値上がりしています。
災害が首都圏で起きた時の、保険支払いのための蓄財なのでしょうか。

私が上京してから既に40年以上がたちますが、大地震の記憶はありません。

そして、このところ、九州も北海道も、山陽も東北も、大災害が起き、徐々に関東へと忍び寄っているのでは?と思われるこの頃です。

うちには、黒猫がいますが、はたして地震を予知して、教えてくれるのでしょうか?
ムダな期待はしませんが、黒い猫は魔力を持っているのだと、
招き猫の解説書に書いてありました。

自分だけ逃げないでよ---------------!

こよみ

重陽の節句

今日は、小田原市のUMECO、OPENパルおだわらにての出展でした。

空調も完備、きれいな建物の中で、紫外線の心配もなく…。

そして、主催者様のご配慮もあり、整理券配布 と タイムキーパーも付けていただいての出展となりました。

よどみなく鑑定は流れていき、本当に スタッフのみな様方にはお世話になりました。心より感謝申し上げたいと思います。

さて、今日は9月9日、重陽の節句ですが、ご存知でしたか?

1月1日(元旦)、
3月3日(ひな祭り)、
5月5日(こどもの日)、
7月7日(七夕)。

奇数の、同じ数の月と日が重なる日は、上記のように知られているところですが、9月9日は解りにくいせいか馴染みませんし、カレンダーにも載りにくいですね。

陰陽という考えの中で、奇数の数字は陽。偶数が陰です。
奇数は、1,3,5,7,9 ですが、9はその中で最も大きな数。
陰陽の陽が最大になる9 が重なるという日のようです。

今週は13日(木)に、もうひとつのイベントがあります。

女性のみで、すみません。

【 後日談 】
たくさんの方にご参加いただき、無事終了いたしました。ありがとうございます。


さらに個別の鑑定が重なっていますので、ご依頼される場合には、時間的な余裕を持ってご相談ください。


こよみ

サマータイム

今、日本でサマータイムの話題が出てきています。
過去にも、敗戦後 米軍などによって占領統治されていた1948年〜1951年までの3年間、サマータイムを導入していました。

夏時刻法という法律が制定され、既定の時刻に1時間を加えたタイムゾーンを採用し、
5月の第1土曜日から9月の第2土曜日までの期間、夏時間としていました。

暦でいう、「立夏」から「立秋」というイメージですね。
土曜日というのがサマータイムの時差ボケを、日曜日に戻しておこう、ということなのでしょう。
   
時計は夏時刻でも、太陽の動きは変わりません。

農家の人たちは、時計を見ながら仕事をするよりも、太陽を大きな腹時計のように感じて仕事をしてきたことでしょう。

なかなかその1時間のタイムゾーンに慣れなかったというのが、サマータイム廃止の最大の原因とされています。

道路標識には、時間が設定されているものもあります。
子供たちの登下校時間などに、通行を制限したりするものです。
その表示も夏だけ変えるのでしょうか。
間違えて侵入して事故が増えたりしないのでしょうか。

電車やバスのダイヤも、夏だけ書き換えるのでしょうか。

四柱推命や紫微斗数、西洋占星術などを鑑定する場合には、出生時刻を必要とします。
当然、依頼者様からその情報をお聞きするのですが、自分の出生時刻を自分で確認することはできません。
お母様からお聞きしたり、母子手帳によって知ることになります。

鑑定するのには、万年暦というものを用いますが、サマータイムなどは考慮されていません。

「お昼の12:34に生まれたと聞いています。」
「それは、サマータイムの12:34 ですか?本来の12:34 ですか?」
「さぁ…。母はもう忘れたと…。」

こんなことも多くなりそうです。

明治時代にも、旧暦から新暦に変わりました。
これだけでも生活の習慣が狂い、季節がズレてしまいました。

その時代の著名人の誕生日を見かけても、どちらの暦なのか?わかりません。

昔は、年貢を増やすためとか、いろいろな理由で、暦を変えることがよくあったみたいで、
旧暦に変換すれば良いというものでもないのです。

戦国時代の武将さんたちの命式が、ネットでも出てきます。
しかも、その時代には複数の暦が存在するために、A案、B案、C案と、複数の命式も出てきます。

この人はこういう人であるべきだ!という思いから、命式もそれに近いものを選んでコジツケてしまっているような気がしてなりません。

歴史上の英雄と 同じ四柱になる現代人も、理論上いるはずですが、その人たちは、どのような人生になっているのか、拝見したいものです。

豊臣秀吉のような命式は昨年に、
徳川家康のような命式は5年後に。
まだまだ人生を語れません。

もちろん、時代の背景が違いますから、
同じ人生にはなりません。

また節入りまでの日数が変わるでしょうから、
流年は違うはずです。
同じになったら偶然です。男女の違いでも流年が逆回りとなります。

各種、生年月日+出生時刻で鑑定する人たちは、このいっときだけ時間をずらすサマータイムの実施はイヤでしょうね。

まして、その期間が 土曜日から土曜日となれば、誕生日によっては曜日まで確認しなければならないですから。


こよみ

星降る夜

本日12日は3大流星群の一つ、
ペルセウス座流星群が見頃を迎えるそうです。

 昨日は新月でしたので、月あかりがなく、観測には
絶好の条件とのことで、たくさんの流星を見るチャンスです。


神奈川県は、雨も降ったりで、湿った空気が どよ~ん!
 雲の隙間からという、難易度の高い観測になりそうです。

どんなに晴れていても、星が流れない時よりは、見れるのではないかしら?

観測のオススメ日時は、12日(日)21時頃~13日(月)明け方 だそうです。

新月も、願い事をして、何かを始めるのには良いのですが、
流れ星にもお願いしちゃいましょう。見えた瞬間に、願い事忘れそうですけど。


こよみ

地震雲

大阪の地震の翌朝、空いっぱいに地震雲ができていました。

今日も、夕日に照らされた地震雲を発見!

なんと、スタッフさんも 同じ雲の写真を撮っていました。


神奈川県にも、いよいよ、大地震が来るのでしょうか?


とあるスーパーにも、非常時コーナーができていました。
災害に備え、非常食を少し買いました。と言っても、せいぜいカップヌードルと魚の缶詰ですが。
サクマのドロップ、もう少し小さいサイズだったら欲しいけど…。

非常持ち出し袋には、ピッピ(ホイッスル)が入っていますが、
ガレキの下敷きになってしまったたら、大きな音を鳴らせるほどの
肺活量はないかもしれません。

サクマのドロップなら、振るだけで音が出ます。
ただし、最後の1個は食べちゃダメですよ。
非常食バージョンは美味しそうに見えない缶のデザインです。
美味しそうな缶で、災害時にあけたら、が空っぽだったなんて、困りますからね。

こよみ