朱鷺乃暦  - 四柱推命 手相 タロット
日めくり暦 ~ こよみをめくるとき ~

誕生日が2つある

実際に誕生した日は○日だけど、届出の誕生日は●日になってる。
そういう人、たまにいます。
 
たとえば、12月の後半に生まれたけど、お誕生日は元旦以降、とか。
 
昔は数え年で年齢を数えていたので、すぐにお正月が来て2歳になり、
お嫁に行くのに年齢が進んでしまってかわいそうだから…。
なんていう理由です。
 
tokinokoyomi 日めくり暦 朱鷺の暦めでたいから元旦。こういう方も多いですね。
「本当に元旦に生まれたの?」という質問にも慣れたもので、たいてい、生まれた時間を知っていらっしゃいます。
そして、お母様が、出産に至るまでの年末年始の慌しかったストーリーを、熱く熱く語ってくださいます。
 
 
 
それから、4月に生まれたけど、お誕生日は3月の終わり頃、とか。
 
tokinokoyomi 日めくり暦 朱鷺の暦入学、卒業が1年早くなる、というパターンです。
父もこのパターンです。父に兄がいたけど、生後100日で亡くなったとの事で、一日も早く卒業して稼業を手伝わせるため、らしいです。
その結果、1年分の青春と引換に、父はよき同級生を得ました。
半世紀を友として支えあってきたと思います。
 
 
本当の出生時刻で、運気が決まります。
届出の誕生日で、環境が変わります。
 
でも、自分の運気は、そういう環境の変更も、すべて解かっているのでしょうね。
不思議ですね~。
 
環境が変われば、友も変るし、競争も変ります。
浪人や留年も、生活環境を、自分の運気に合わせるための微調整 なのかもしれません。
 
こよみ

誕生日が2つあるに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment