朱鷺乃暦  - 四柱推命 手相 タロット
日めくり暦 ~ こよみをめくるとき ~

てらつど(寺集)

 tokinokoyomi 鎌倉 朱鷺の暦
 
鎌倉 光明寺 
 
浄土宗神奈川教区青年会
40周年記念イベント開催!
 
若いお坊さん達による、フェスの開催です。
tokinokoyomi 鎌倉てらつど 朱鷺の暦
 
みんなに もっと お寺に集まってもらいたい...。
そんな思いで お寺にみんなが集まって繋がっていく~
 
それが「寺集:てらつど」です。
 
台風のニュースが気になる、どしゃ降りの今朝、7時からの開催・中止の電話案内では、何度聞いても開催。そういう時っていうのは 「行ったほうがいい」 というメッセージなものです。
 
tokinokoyomi 鎌倉てらつど 朱鷺の暦開催の場所が「お寺」ということで、少しは四柱推命に興味がある方もいらっしゃるかな…、と「四柱推命」の文字の入ったバナーを使ってみました。
 
そんなことが効いたのか、今日は四柱推命の宿題を2つ頂きました。(簡単なところまではお伝えしています。)
 
前回も 今回も、ご依頼は、非常にスッキリとした従格の方です。
こういう命式を お伝えできることに感謝をしたいと思います。次回お逢いするまで、ちょっと間がありますが、お待ち下さい。
 
また この場所は、先日 夭逝してしまった女の子に縁(ゆかり)があり、何だか 誘われたような気がしていました。
 
じつは、奇跡的に 亡くなられる直前の手のひらの写真があり、まるで 手相鑑定を受けるかのように、大きく広げた画像が何枚もあったのです。生命線も、すっきりと伸びていらしたのに、とても残念です。
 
生命線の長さは、寿命ではありません。
 
ずっと そう思っていましたが、ひとつの確証になりました。心より ご冥福をお祈り申し上げます。
 
あらためて「命の尊さ」と、「悩み」というものが、本人にとっては、周りの人が思っている以上に重い、ということを考えさせられました。
 
思い通りにならない時というのは、自分では的確な判断が出来なくなっていることもあります。視野も狭くなっているものです。
こういう時にこそ、他人の客観的な考えを聞くことも必要だと思います。
 
話すことは、放すことに繋がります。
視点を変えたり、よい時期を待つことも必要かもしれません。
こよみ
 

てらつど(寺集)に対する1件のコメント:

コメントRSS
Feliciteのコジマです♪ on 2013年9月17日 2:05
先日は本当にありがとうございました☆ 大磯市でずっと観て戴きたいと思っていたので大感激でした^^ とても丁寧に優しく教えて下さり、ホントに感謝です! 11月、お会い出来るのを楽しみにしておりますので どうぞヨロシクお願い致します♪
コメントに応答する

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment