朱鷺乃暦  - 四柱推命 手相 タロット
日めくり暦 ~ こよみをめくるとき ~

儲ける

とある会社に お伺いしましたら、
壁に 『 儲ける 』 という文字を書いた紙が 貼られていました。

tokinokoyomi 儲ける 朱鷺乃暦『 人 』 と 『 者 』 の 間を 『 言 』 が繋いでいます。
言葉 という コミュニケーション ですね。


手相では、小指の下を水星丘と呼び、
そこへ伸びていく線を、財運線とか、商才線と言います。

商売するなら、ぜひ欲しい線のひとつです。


西洋占星術でも水星は、会話やコミュニケーションなどをイメージしていますが、
象徴しているのは金運ではなく、知性です。

水星の動きが早いので、会話をイメージしているのだそうです。


漢字にも、言葉が儲かることに繋がっていると知り、
あらためて、言葉、水星、お金 ( 商才 ) の関係を確認いたしました。


tokinokoyomi 儲ける 朱鷺乃暦手相線を描く、という人がいますが、私はあまり支持していません。

ちょっと、書いてみたこともありますが ( しかも金色で )、
何の手応えも 兆しも感じられませんでした。 残念!

財運線のつもりで描いたのに、健康線になっちゃったら、どうするんでしょう。
名前は健康線でも、意味は不健康線ですからね。

それよりも、もっと社交的になりましょう。
金運の神様は、わかりやすい人についてくるようです。

手のひらのサインは、後からついてきます。


こよみ

儲けるに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment