朱鷺乃暦  - 四柱推命 手相 タロット
日めくり暦 ~ こよみをめくるとき ~

四半世紀続けるということ

tokinokoyomi 永年勤続 朱鷺乃暦継続は力

昔から言われている言葉です。
どんなことでも、継続することで力がつきます。

ず~っと、順風満帆に いく訳はないので、工夫もしますし、協力者もできることでしょう。

朱鷺乃暦 ( ときのこよみ ) は、四柱推命や手相 から、いろいろなご相談をさせていただいておりますが、もうひとつの分野でも、永く、コンサルタントのお仕事を しております。
tokinokoyomi 永年勤続 朱鷺乃暦それが、四半世紀、つまり、25年を経過致しました。
実際には27年を数え、8月には28年目に入ります。

今日は、表彰の会があり、
思いがけず、会場に 娘からのメッセージが 届きました。

なかなか言えない 自分の苦労を、娘が 代わりに伝えてくれたように思います。

tokinokoyomi 永年勤続 朱鷺乃暦そして、たくさんの方々から、お祝いの品々、おめでとうの言葉や  メール、本当に ありがとうございました。

そして、鑑定の仕事とは、なかなか相性がよいので、
もう少しの定年までを 両輪で 続けていきたいと思います。


こよみ

四半世紀続けるということに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment