朱鷺乃暦  - 四柱推命 手相 タロット
日めくり暦 ~ こよみをめくるとき ~

タロットの解釈

tokinokoyomi タロットの解釈 朱鷺乃暦むかし、ぶら下がり健康器具、というものがありました。
鉄棒のようなものに、懸垂のように 両手で掴んで ぶら下がるという、とてもわかりやすいものです。

今日たまたま見かけました。逆さまにぶら下がるというか、
タロットカードの Ⅻ 吊るされた男 のようにぶら下がるものなんですが、健康器具です。

tokinokoyomi タロットの解釈 朱鷺乃暦こういうのがたくさん普及してしまうと、タロットで 吊るされた男 が出てきたとしても、なんだか イキイキ 健やかに 体力づくりをしているように 思えてしまいますね。

tokinokoyomi タロットの解釈 朱鷺乃暦それは特殊な例としても、タロットが伝えられてきた 永いの流れの中では、時代の背景も変わってきています。

中でも、自動車や飛行機などの発達による変化。そして、情報の伝達の早さ、などです。

もちろん 今の時代に合わせたリーディングもしますが、その時代の背景で 読む場合もあります。

例えば 戦車は、馬車仕立てになっていて、馬が後ろには進まないため、後戻りをしない、という意味も含んでいたりしますが、
これを 馬が自動車になったら、バックも オーライ!なんていう訳にはいきません。

tokinokoyomi タロットの解釈 朱鷺乃暦その他には、精神面での不安定や、迷い、アンバランスなどがご相談内容にも 多くなっています。

不安と占いは、切っても切れない関係があります。

昔も それは あったのかも しれませんが、誰もが僅かな豊かさを ありがたいと感じていたし、心の病は 闇の中に 隠されてしまったりも したのでしょう。

「 どうして自分だけが…。」 という思いに ならなかったのは、誰もが 今のように 豊かでは なかったから、かもしれません。

✝ ✝ ✝ ✝ ✝✝ ✝

現代の不安のひとつ、就職活動についての質問をした、スプレッドです。

tokinokoyomi タロットの解釈 朱鷺乃暦質問を、どう立てるか、何のスプレッドでみるか…。
これがとても難しいですね。

新卒とかではないので、時期を読むスプレッドを 選んでみました。

最後のカードがテーマ。ワンドのキング(R)。
キングは経営者ですが、逆位置なのが現実的です。


✝ ✝ ✝ ✝ ✝ ✝ ✝ ✝✝ ✝


tokinokoyomi タロットの解釈 朱鷺乃暦ちょうどそこへ別のご相談がありまして、同じように占ってみました。

テーマは、その方の気持です。
いつになったら 満たされる(癒される)のか?

最後のカードがテーマですが、カップのエースです。


テーマが そのまま 質問内容を示している、という不思議さですが、それが タロットの魔力 なのです。

✝ ✝ ✝ ✝ ✝ ✝ ✝ ✝✝ ✝

占いを、ただの偶然とか、確率とか、思い込みとか…、そうしか思えない人は やらないほうが良いです。また、自分に都合のいい答えだけを求める人も。

卜( ぼく )占は、偶然の事象で占うもので、根拠はないかもしれません。迷った時のコイン・トスみたいなものです。コイン・トスも立派な二者択一の占いです。

どんな時代であっても、受け継がれ、求められてきたということだけは事実です。

カードを信頼して、真剣に頼ってくる人に、カードは真剣なアドバイスをくれます。
当たったとか、はずれたとか、そういう事だけの要求にカードは答えてくれません。

tokinokoyomi タロットの解釈 朱鷺乃暦それが、占い師とカードとの信頼関係なのです。

そのために、人によっては、自分以外の人には、全くカードに 触れさせない、という人も います。

そして、質問も、未来がどうなるか?ではなく、
自分はどうしたらいいか? とか、どう考えたらいいか? というような、自分を振り返るような質問にする事が 望ましいと思っています。

自分は何もしないで、周囲の人たちが 自分の思った通りになる方法を、カードに求められても、お答えすることは出来ません。
tokinokoyomi タロットの解釈 朱鷺乃暦
占いで、他人の行動を変えることは出来ないのです。

相手の弱点に気がついたり、自分の気づかなかったことを再認識することで、自分の行動を変えて、他人への影響なども変えていくことは出来ると思います。

タロッティストは、答えを導くために、カードへ ご依頼者様の気持を 通訳をするように質問をしていく、ということです。

ご依頼者様が カードをお持ちの場合には、質問のしかたも お伝えしていますが、
質問のしかたは リーディングよりも 難しいかも知れません。

こよみ


タロットの解釈に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment