朱鷺乃暦  - 四柱推命 手相 タロット
日めくり暦 ~ こよみをめくるとき ~

6月 2018

6月なのに梅雨明け?

tokinokoyomi 梅雨明けイベント 朱鷺乃暦2018.6.30 Sat

6月といえば、うっとうしい梅雨空のはずですが、なんと!まだ6月だというのに、昨日 梅雨明けしたようです。

何となく、空気の重たさは感じるものの、
気温は30度を超え、容赦ない日差しが。

今日は、たくさんのご高齢者様が過ごされている、とあるハウスのイベントに参加を致しました。

tokinokoyomi 梅雨明けイベント 朱鷺乃暦賑やかなフリーマーケット、キッチンカーがやってきて、
地域の人たちも集まってくださいました。

普通のイベント会場とは違い、ご高齢の方たちの生活があります。

開始直前まで、
食事をしたり、片付けをしたり、お薬もありますよね。

ここでお仕事をされている方たちは、それの介助と、出展者の対応に大忙し。

終わればまた、ご挨拶やら、夕飯やら…。


tokinokoyomi 梅雨明けイベント 朱鷺乃暦介護の仕事は、ものすごく忙しいのに、
ご高齢者様に対応している時にはいつも笑顔でやさしくて、
それを感じさせないのがすごいなぁと思います。

いつかは私も、ひとりでは出来ないことがいろいろと出てくるのかもしれませんが、その時の日本は、どんな時代になっているのでしょうか。

こよみ

地震雲

大阪の地震の翌朝、空いっぱいに地震雲ができていました。

今日も、夕日に照らされた地震雲を発見!

なんと、スタッフさんも 同じ雲の写真を撮っていました。


神奈川県にも、いよいよ、大地震が来るのでしょうか?


とあるスーパーにも、非常時コーナーができていました。
災害に備え、非常食を少し買いました。と言っても、せいぜいカップヌードルと魚の缶詰ですが。
サクマのドロップ、もう少し小さいサイズだったら欲しいけど…。

非常持ち出し袋には、ピッピ(ホイッスル)が入っていますが、
ガレキの下敷きになってしまったたら、大きな音を鳴らせるほどの
肺活量はないかもしれません。

サクマのドロップなら、振るだけで音が出ます。
ただし、最後の1個は食べちゃダメですよ。
非常食バージョンは美味しそうに見えない缶のデザインです。
美味しそうな缶で、災害時にあけたら、が空っぽだったなんて、困りますからね。

こよみ

好天に恵まれました。6月の大磯市。

tokinokoyomi 晴天6月大磯市 朱鷺乃暦
平成30年6月17日

晴天 大磯市

200を超える出店数と、大勢のお客様に恵まれました。


tokinokoyomi 晴天6月大磯市 朱鷺乃暦いつものバナーがかなり傷んできまして、
手書きの 『 千客万来 』 を飾ってみました。

そのせいなのでしょうか?
今日来ていただいたお客様にも、
たくさん千客万来のサインが見られました。

それなら、今度は何て書こうかな…。
商売繁盛、一攫千金、開運招福…。

そんなに甘くないか、人生は。

昨日、一生懸命、タロットカードのメンテナンスを施して、スベスベ~の、さ~らさらな状態になって、ワクワクしていたのに、持っていくのを忘れてしまいました。

なので、RUNE が活躍致しました。
石に掘られた古代文字で、タロットカードのような感じで占えるものなのですが、
タロットカードは、絵がある分だけ、伝えやすい気がします。


tokinokoyomi 晴天6月大磯市 朱鷺乃暦
そして、人気線がきっとありそうな、
いそべぇ & あおみちゃん。

そのモデルは、『 アオバト 』

今、照ヶ崎海岸には、そのアオバトの姿を撮りたいと、朝からたくさんのカメラマンが集まっているのだそうです。

梅雨時の大磯の海岸は、いそべぇ、いや、アオバトの季節なのですね。

その姿は、いそべぇを見ての通り、青ではなく黄色い印象です。

鳴き声が 『 ゥーァオアオー、アオウアオー 』 という感じなのだとか。
だからアオバトなのではない!と思いますけど。

tokinokoyomi 晴天6月大磯市 朱鷺乃暦
今年は、解禁日も近い頃の、鮎の遡上する数が
とても多かったようです。

毎年、鮎に関わっているという方のお話では、
今年は多かったけど、去年も多かったんだ。
何てことないよ。と、アッサリ。

大地震が来るとか、富士山が噴火するとか、騒ぎ出さないように、隠してるんじゃないの?と疑いつつも、関連はないのか…と、ちょっと安堵。

梅雨時は大噴火とかは、あまりない、というので、心はかなり無防備です。

今日も、スタート時は、寒くないかな?と上着を着ていたのに、突然太陽が、カッ!と照りつける午後となりました。

tokinokoyomi 晴天6月大磯市 朱鷺乃暦太陽のエネルギーって、すごいなぁ!と思いましたが、
逆に、雨雲のさえぎるパワーも巨大なのだと思いました。

梅雨時は、夏を表わす巳午未の真ん中の午月で、

本来なら夏至の頃が、日照時間も最長になり、一番暑い季節
のはずなのですが、
本当に暑いと思うのは、梅雨が明けた後ですよね。

暦の上では、梅雨明けは土用に入る頃。
夏の土用は暑くてたまらない、体力も消耗するので、ウナギを食べよう!っていうワケです。

ところが、暑くてたまらないのは人間だけでなく、梅雨時には雨雲が気温を下げ、降り注ぐ雨が大地の温度も抑えていたかもしれませんが、
一気に猛暑、炎夏となって地下のエネルギーを刺激しなければいいと思います。

昨日の千葉のスロースリップ、今日の群馬の震度5 弱…。
私の頭では、何がどう繋がっているのかは判りませんが、常にスマホの電池だけはFULL にしておきたいと思います。

こよみ

なか110ごとマルシェ

tokinokoyomi 中井町 110年 朱鷺乃暦 中井町110年

スポーツリクレーション


tokinokoyomi 中井町 110年 朱鷺乃暦









tokinokoyomi 中井町 110年 朱鷺乃暦梅雨入りの予想も聞こえ始め、晴天の休日は かなり貴重なこの時期に中井町の110年の記念イベントが行われました。

こちらは野球場。
たくさんのご家族連れで賑わいます。

ご当地ゆるキャラの髪は、町の鳥「さぎ」ですね。「朱鷺」も、「さぎ」の仲間なので、愛着があります。

tokinokoyomi 中井町 110年 朱鷺乃暦イベント会場では、キッチンカーが並び、どんなに暑い日でも、熱々のメニューが待っています。

なので、お母さんたちもお弁当を作らなくていいし、昔のように早起きしたり、大きな荷物になったりしないので、家族み~んなで楽しめるようになったと思います。


tokinokoyomi 中井町 110年 朱鷺乃暦そして、メニューにも工夫があり、選ぶ楽しさもあり、写真に撮って残したりして、
ここに来れなかった家族や、お友達などに伝えることも、また楽しいのですね。

今日のブランチは、焼き小籠包。
tokinokoyomi 中井町 110年 朱鷺乃暦それぞれのお味も楽しめるのですが、その姿も可愛らしくて感動しました!

このお店に行った時には、すでに出来上がっていたのですが、

想像以上に熱くて、予想を裏切らない小籠包のスープに、思いがけないクリスピーな触感の驚きと、キッチンカーだからと手を抜かないお味のクオリティ。

tokinokoyomi 中井町 110年 朱鷺乃暦朱鷺乃暦 (ときのこよみ)』 も、
一期一会となるかもしれない出会いのわずかな数分間で、多くの方に感動していただけて、
また、足もとを再確認するキッカケをお渡し出来たら本望です。

今日も、赤ちゃんから中学生まで、途中経過ともいえる手のひらのサインを、たくさん拝見致しました。

とても楽しみな未来図は、まだまだ白地図です。それぞれの個性と努力と、時代の背景なども加わって、少しずつその地図は完成していくのです。

大人になる頃には、今日の手相の事はすっかり忘れてしまうでしょうが、みなさんのご活躍を楽しみにしています。

こよみ